人間関係が辛い

先輩ナースの悪口大会にうんざり…陰口を聞くのに疲れているあなたへ

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
午前中の勤務を終え、やっと来た休憩時間。

一息つく間もなく、休憩室では先輩の悪口大会が始まります。

 

今日はいつも優しくしてくれる3年目の先輩のことを言ってる…。

働き方・見た目・彼氏のこと…聞いていて本当に嫌な気分になります。

 

聞きたくないから記録の続きをするフリをしてナースステーションに戻ろうとしたら「ちゃんと休みなさい!」と言われてしまって逃げ出せず。泣

 

自分も言われてるんじゃないかってすごい怖いし不安になります。

陰口を言う先輩看護師、いますよね

休憩中や勤務後、飲み会などで口を開けば誰かの悪口を言う先輩っていますよね。

 

他にやることないのかな?というぐらい、他人のアラを探すのに命をかけている姿には感動すら覚えます。

 

私自身、新人時代に先輩の陰口に乗ってしまい陰口仲間になってしまった時期があります。

hana
hana
陰口に対してどう振舞って良いか分からなくて、とても疲れましたね。

無駄な時間を過ごしたな…と感じるので、同じく悩んでいるあなたに向けて陰口だらけの先輩とどう付き合っていくと良いかを書いていきます。

 

仕事中のQOLを上げるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

陰口を言ってくる先輩との上手な付き合い方

その定義を変えてみる

まず、陰口の定義を変えてみましょう。

 

陰口の内容ではなく、陰口を言ってしまうという行為に注目してみます。

 

陰口はいくら言っても相手から攻撃されることが無いので、ある意味安全な行動です。

 

安全な場所で、それぞれの先輩が「私の意見は正しい!」「私かわいそう!」と傷の舐め合いをする悲しい行動。

それが陰口です。

陰口好きな先輩とは意識して距離をおく

陰口の定義を変えたら、よく陰口を言う先輩から距離を置く工夫をしてみましょう。

 

 

その先輩を刺激しない。

これがあなたの目指すべき方向性です。

 

陰口に乗って良い意味で刺激すると、今後もずっと陰口大会の常連にさせられます。

変な反応をしてしまうと、目をつけられてあなた自身が陰口の対象になってしまいます。

 

 

物理的に距離を置きつつ、関わらざるを得ないる時は割り切って感じよく対応しましょう。

hana
hana
距離を置く工夫、してみてくださいね。

こうなりたくはないな〜と人間ウォッチングに徹する

悪口を言っているときの顔って、やっぱり醜いです。

 

陰口の内容なんて所詮くだらないことだらけ。

なので、その先輩の表情を観察して時間が過ぎるのを待ちましょう。

 

陰口を言っている人ってこんなに醜い顔をしているんだ…!と気づかせてくれる存在として、ありがたく反面教師にしていきましょう。

チキンな人だな〜と眺める

陰口を言う先輩はチキンです。

チキンが何か言ってる〜と割り切れるようになると、随分気持ちが楽になります。

 

とか偉そうに言いつつ、私も嫌いな先輩のことをものすごい批判していた時期がありました。

hana
hana
言ってスッキリすることもあるので、当時の私の中では大切なストレスコーピングになっていましたけどね。

悪口を言い続ける人って、行動を起こす勇気が基本的にないんですよね。

 

私も、嫌いな先輩に変なあだ名をつけてゲラゲラ笑っていましたが(なんて幼稚。笑)、少し勇気を出せば関係を改善する行動だって起こせたのに、と今は思ったりします。

 

悪口っていくら言っても相手から攻撃されることは無いので、ある意味安全な行動です。

 

なので、あなたの近くにいる悪口だらけの先輩は、当時の私のように現状を変える勇気のないチキンです。

 

穏やかに対応しつつ、またチキンが何か騒いでるよ〜と観察でもしていましょう。

自分自身が陰口を言わない

本当に、本当〜に信頼している相手ならストレス解消のために愚痴を言っても良いと私は思います。

 

が、誰彼構わず陰口を言いふらしていると、いずれ周りから信用されなくなります。

 

先輩が、あなたに対して誰かの陰口を面白おかしく話してくることもあるかもしれません。

 

つい合わせてしまって一緒に陰口を言い始めたら最後、その先輩にとってあなたはとっておきの陰口仲間に認定されてしまいます。

 

気がついたら周りにいたのが陰口大好きな先輩だった…なんて状況になると後々苦労するはず。

 

あなた自身も誰彼かまわず陰口を言いふらさないように気をつけましょう。

反応の仕方を工夫する

やむを得ず陰口大会に参加しなければならない時。

陰口に対する反応の仕方を工夫するのも一つの手です。

 

具体的には、どちらの肩をもつこともせず口を言っている先輩の気持ちに反応する

 

愚痴に加わるのではなく、先輩の気持ちを考えて労うのです。

hana
hana
めんどくさいですよね。

ですが陰口大会から逃げ出せない場合、割り切って対応していくしかありません。

ただこれにより、愚痴を聞いてもらえる人認定されてしまう可能性もあります。

 

基本的には距離を置くことを心がけましょう。

まとめ

私自身の経験から、陰口を言ってくる先輩との上手な付き合い方をまとめてみました。

 

  • その定義を変えてみる
  • 陰口好きな先輩とは意識して距離をおく
  • こうなりたくはないな〜と人間ウォッチングに徹する
  • チキンな人だな〜と眺める
  • 自分自身が陰口を言わない
  • 反応の仕方を工夫する

 

できるとこから取り入れてみてくださいね。

hana
hana
参考になったら嬉しいです!