新人看護師

焦ってもいいことない…と分かっているのに焦ってしまう新人ナースさんへ

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
バイタル測らなきゃ!ケアと処置もある…えっ!緊急検査…!?頭が真っ白だよ〜…。

 

いつも焦る気持ちを抱えている新人看護師さんへ

  • 何かしらずっと動いているはずなのに、仕事が全然進まない
  • とにかく忙しい感じがする
  • 常に何かに追われている気がする
  • ぐるぐる色んなことを考えてしまう
  • 今すべきことじゃないものに手をつけてしまう

 

こんな気持ちで働く新人ナースのみなさん。

 

現実はどうであれ、とにかく忙しいと感じている日々にヘトヘトだったりしませんか?

 

常に気が張った状態になると気持ちはどんどん消耗していきます。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
バイタルチェックのために訪室しただけなのに「不足物品を補充しなきゃ」「あの点滴も作らなきゃ」とその瞬間関係ないことが気になって止まらなくなってしまうんです…。

やることに追われて焦っているとき。

一つ一つの用事に分解してみると、それぞれすぐ終わることだったりします。

 

それでもあれこれ考えて焦ってしまう理由は、あなた自身の考え方にあります。

 

もしかすると、必要以上に忙しく感じてしまうクセを持っているかもしれません。

 

今回は、どうしてあなたがそこまで焦ってしまうのかについて書いていきます。

自分はダメだ…と感じた過去の体験を通して生まれる焦り

先輩に思いっきり怒られたり、仕事のできる同期を見ることなどで感じる自分はダメだ…という気持ち。

 

その辛さをもう経験したくない…

 

そこで生まれるのが、完全な自分を目指すことで生まれる完璧にこなさなきゃという気持ちです。

 

この完璧にこなそうとする気持ちは、度を超えるとあれこれやらなきゃという焦りにつながります。

 

先ほども書いた通り、常に緊張している状態はあなた自身をどんどん疲れさせます。

 

その当時と今で状況は変わっているのに、その体験で感じた辛さから自分を切り離せないでいるんですね。

hana
hana
何をきっかけに自分はダメだと感じてしまったのか、振り返ってみましょう。

不安な気持ちから生まれる焦り

新しいことを始める時、予想できない出来事を前にした時に感じるのが不安です。

 

先輩の目が光る中、新しいことをしたり予想しきれない仕事をしていくのって不安ですよね。

 

これはあなたに限らず、先のことに不安を感じるのは当然のことなんです。

 

先輩に怒られたらどうしようとか、患者さんが急変して忙しくなったらどうしようとか、感じるのは自由です。

ですが、未来への不安に対して現時点でできるのは予防することだけ。

 

今の時点であなたができるだけのことをしたら、そこから先はどうしようもないのです。

しっかり休むために必要なこと

仕事中、常に焦った状態で過ごしているあなた。

 

休憩中や休みの日も頭の片隅に引っかかるものに焦りを感じているかもしれませんね。

 

そんな状況を少しでも変えていきたいのなら、意識して休む練習をしていく必要があります。

 

あなたにとっては焦る方が簡単で、心から休む方が難しいかもしれません。

 

仕事そのものも忙しいのに、気持ちまで焦っていたら、あなたを休ませてあげられる瞬間なんて永遠に訪れません。

周りから休むように言われても、実際にあなたを休ませられるのはあなたしかいません。

 

実際にしっかり休んでみると、そんなに忙しくないかも〜と思える可能性だってあります。

hana
hana
今よりも余裕を持って働くために、考え方のクセを少しずつ変えていきましょう。

まとめ

今回は、どうしてあなたがそこまで焦ってしまうのかを書きました。

 

過去に感じた辛い体験や不安。

その気持ちは人間であれば誰でも感じる当然の反応です。

 

hana
hana
まずはその体験や不安があなた自身にあることを自覚しましょう。

そして、その気持ちに過剰反応しているかもしれない…と客観視してみましょう。

あなたの考え方のクセは、あなた自身が意識しないと変えていけません。

 

常に焦ってしまい仕事がうまく行かない…。

そんなあなたでも、少しずつ考え方を変えることで生きやすくなると思います。

 

少しずつ、進んでいきましょう。