新人看護師

派遣看護師になって気付いた、つまらない仕事を楽しくする4つのコツ

 

1日の大半を占める仕事の時間。

その時間がつまらないと、人生全体が曇ってきますよね。

 

今よりも仕事が楽しくなったらQOL急上昇するのに…という方、多いと思います。

 

今回は、私が派遣看護師をする中で感じた仕事を楽しくする4つの心構えを書いていきます。

hana
hana
はじめに言っておきますが、私は仕事に対しそこまで情熱を持つタイプではありません。

看護師としてどんどん上を目指して行きたい!という方が読むとイラッとすると思うのでそっとページを閉じてください。

明日からあなたの仕事が1ミリでも楽しくなると良いなぁ…と願いながら書いていきます。

派遣看護師になって気付いた、つまらない仕事を楽しくする4つのコツ

hana
hana
派遣看護師になって気付いた、つまらない仕事を楽しくする4つのコツを紹介します。

自分の気持ちを明確にして行動する

hana
hana
看護師の仕事って楽しいかも!

私がそう思えるようになった一つ目の理由は、自分の気持ちを明確にして行動したからです。

 

仕事が苦しいと感じるみなさん。

なんとな〜く働いていませんか?

 

「また朝が来ちゃった…」とどんより目覚め、足取り重く出勤。

緊張しながら申し送りを聞き、怒られながらケアに奔走…。

夜勤への申し送りで怖い先輩にとどめを刺され、撃沈しながら帰宅…。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
ウゥ…まさにそんな感じです…。

同じ気持ちを持つあなたに質問です。

 

この状況の何が辛くてどうなると良いのか、考えたことはありますか?

 

私の場合、人間関係に気を遣ってばかりの場所が辛かったんです。

 

なのでまず、異動してガラッと環境を変えました。

次第に、夜勤などで体力的な辛さを感じたり、もっと自由に働いてみたくなったんですね。

そして総合病院を退職し、派遣看護師になりました。

 

単発アルバイトや長期派遣。

看護師の資格があればいろんな場所で働けることを実感できました。

 

異動したときも派遣になったときも共通して感じた思いが「今までの悩みって小さかったな〜」というもの。

自分の視野の狭さにも気づいたんですね。

 

ただしここで注意したいのが、望みに向かう過程で必須な行動はツベコベ言わずにするということ。

その行動の先に何が得られるのかは忘れずにいるべきです。

 

あなたのペースに合った職場に出会えると毎日穏やかに過ごせますよ。

 

これは看護師の仕事に限らず言えることですが、やりたい事に向けて少しずつでも行動していくと人生ってあっけなく変わります。

hana
hana
今のあなたは何をするべきなのか。

じっくり考えてみてくださいね。

看護師の仕事に振り回されない

2つ目は看護師の仕事に振り回されないこと。

hana
hana
私は看護師の仕事で頭をいっぱいにすることを辞めました。

新人さんにとっては難しい話かもしれませんが、心の片隅に持っておくと良い意識です。

 

看護師の仕事はあくまで手段です。

あなたが人生を送るための手段。

 

料理に例えると包丁やフライパンといった調理道具みたいなものです。

 

美味しい料理は調理道具があるだけではできません。

食材、調味料、一緒に食べる人、空間…いろんな要素が合わさって一つの美味しい料理が完成しますよね。

 

それぞれをバランスよく使うから、料理ができます。

 

看護師の仕事は、あなたの人生を構成する一部の要素です。

調理道具だけで美味しい料理ができないのと同じで、看護師の仕事だけを考えていても楽しい人生にはならないんです。

 

趣味、人間関係、健康、恋愛など色んな要素にバランスよく配慮するからこそ、楽しい人生になります。

hana
hana
仕事のことで頭がいっぱいだと人生が終わった気分になるかもしれません。

そんな時は、だいぶ視野が狭くなってるな〜と深呼吸してみてください。

仕事が上手くいかず絶望感を持っているあなたは、調理道具だけを手に持ち「美味しい料理が作れない!どうしよう!」と慌てているような状態です。

 

料理を作るには食材や調味料、さらに美味しくするための環境が必要です。

 

包丁とフライパンを手に持っただけでおいしい料理ができる!と勘違いしていませんか?

趣味、人間関係、健康、恋愛など色んな要素を大切にする時間を少しでも作ってみましょう。

hana
hana
看護師の仕事はあなたの人生の一つの要素に過ぎません。

 

心身の健康を保てる場所で働く

少しでも楽しく働くために大切なこと。

3つ目は、自分が心身ともに健康に働ける場所にいることです。

 

これ、大前提です。

あなた自身の心身の健康を整えて初めて仕事の楽しさって出てきます。

 

あなた自身が絶望感や限界を感じながら働く場所で、楽しさなんて見つかりません

 

穏やかな気持ちで働けると視野が広がり、色んなことに意識を向けられるようになります。

良い人間関係に恵まれ、一緒に働く人に必要とされることで自然と勉強したくなってもきます。

 

その中にやりがいを感じる何かがあるんだと思います。

少なくとも私の場合はそうでした。

 

現在派遣で働くデイサービス。

病棟時代は全く知らなかった世界でした。

 

正直、デイサービスにずっといると看護師としての経験が積めない…みたいな意見も耳にします。

が、私はデイサービスの看護師に楽しさを感じています。

 

述べ100名程度いる高齢者の体調変化を察知し、地域と連携していく。

独居の高齢者も多いので、デイサービスに来るのを楽しみにしてくださる方もいます。

地味な仕事かもしれないけれど、超高齢化の日本社会をひっそり支えているこの仕事に携われて充実しています。

 

バタバタ働いていた病棟時代もやりがいは感じていました。

当時の私は忙しい業務をスタッフで助け合って回していくことに楽しさを感じていました。

もちろんそれも楽しかったですが、ハードでない場所でも楽しさは感じることができます。

 

というか、心身共にすり減っている今のあなた。

もしかすると自分に厳しくなっているかもしれません。

 

楽しさを求めるよりも、まずはゆったり働ける場所で健康的な生活を取り戻すことを目標にするのも良いんじゃないでしょうか。

hana
hana
まずあなたが心身ともに健康に働ける場所で働くことを大切にしましょう。

なりたい姿を想像して逆算する

4つめは、どちらかというと割り切って働くための心構えです。

数年後にどんな毎日を送りたいか、そこから逆算して今を生きるとぶれずに割り切って働けるようになります。

 

専門看護師になりたいからあの病棟で3年頑張ろう!とか、

将来パートや派遣でのんびり働きたいから、今は技術と知識をひたすら磨こう!とか。

 

仕事の目的を明確にすると、多少の雑音(理不尽な状況)があってもブレづらくなります。

hana
hana
目的を思い出すことで、目の前の出来事を割り切りやすくなるんですね。

のんびり働くことを大切にしている今の私の場合。

さっき散々書いておいて何だよって感じかもしれませんが、正直今は仕事に楽しさややりがいは求めていません。

 

一番優先したいのが、人間関係の良い場所で心身共に健康に働くことだからです。

家族が過ごしやすい家にしたいし、自分の時間も持ちたい。

 

だから、意味不明な言動をかましてくるおばさま看護師の言動も壊れたラジオ程度にしか思っていません。

hana
hana
そんな中でも楽しさを感じられているので、私は本当にラッキーです。

まとめ

仕事つまんね〜…とどんよりした気分を持つあなたが、少しでも楽しい気持ちで働けるように私が意識していることを書いてきました。

 

以下の4つです。

  • 自分の気持ちを明確にして行動する
  • 看護師の仕事に振り回されない
  • 心身の健康を保てる場所で働く
  • なりたい姿を想像して逆算する

一つでも良いので、是非明日から取り入れてみてください。

地味〜なことでも積み重ねると結構変わっていきます。

hana
hana
お互い、楽しい毎日にしましょう。