派遣看護師

派遣看護師のメリット・デメリット&リアルなお給料事情をまとめてみた

派遣看護師のメリット・デメリット&リアルなお給料事情をまとめてみた
彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
最近、派遣ナースに興味が出てきました。

hana
hana
看護師は色んな働き方ができるからね。

ただ、派遣ナースにもメリットとデメリットはあるわよ。

勢いで派遣ナースになって後悔しないようにね。

彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
ついでにお給料事情も気になります…!

hana
hana
ついでじゃなくて一番気になるんでしょ?笑

正職員で働くのが当たり前と思っていた私にとって、派遣ナースの働き方を知れたことは人生における大きな収穫でした。

 

私は多分、もう常勤には戻りません。

ここで、派遣ナース最高!他はダメ!と言いたいわけではありません。

私は満足していますが、派遣ナースにだってデメリットはあります。

 

数ある働き方の中から、あなたに合うものが見つかると良いなぁという気持ちでこの記事を書いています。

 

すっかりのんびりモードになった今は、ガツガツ働きたいと思わなくなりました。

 

そういう人間が書く記事なので、向上心があるタイプの方は多分読んだらイライラします。

細く長〜く続けていきたい方に読んで頂きたいです。

hana
hana
ちなみに、今はこんな感じで派遣ナースしてます。

  • 週4回勤務
  • 介護施設
  • 残業ゼロ
  • 休憩はきっちり1時間
  • 仕事内容は基本のんびり・ヒマ
  • 医療処置ほぼなし
  • 一部を除いて人間関係良好
  • 有給消化は100%できる
hana
hana
お給料事情では給与明細も公開しています。気になる方も多いですよね。

早速、派遣ナースのデメリットから見ていきましょう。

派遣ナース8つのデメリット

簡単に契約終了できるため根性がなくなる

hana
hana
早速こんなこと書いてすみません。笑

派遣の場合、数ヶ月単位で契約更新していくことが多いです。

イマイチだな〜と思ったら次の契約を辞めれば良い(派遣会社の担当さんに言えば良い)だけ。

 

正直、どんどん根性が無くなります。笑

派遣の働き方を知ると、正直正職員に戻るという選択肢が消え去ります。

これは怠惰な私の主観なので、そういう気持ちになる人もいるんだ〜程度に参考にして下さい。

 

まぁ、働きたくない場所で粘る根性なんていらないし、他に働ける場所があるのだからサクサク次に行きましょうという話ですね。

場所によっては看護技術をどんどん忘れていく

これは派遣に関わらず、ですが。

勤務する場所によっては看護技術をどんどん忘れていきます。

 

私は採血・点滴をしばらくしていないので、相当腕が鈍っているはず。

 

針を刺す技術が求められたらその時考えよう…ぐらいの気持ちでいるので悲観はしていません。

鈍らせたくない技術がある場合、職場探しの時に意識して探すようにしましょう。

休んだ分はお給料が出ない

当たり前ですが、時給制なので休んだ分はお給料が出ません。

体調不良や家の事情で1週間とか休むと、ごっそりお給料が減ってしまいます。

 

有給を使えるようになるまでに半年かかる(あとで書きます)ので、計画的に働いていきましょう。

ボーナスがないため正職員と比べて年収は低め

正職員時代に楽しみにしていたボーナス。

派遣の場合、ボーナスは出ません。

年収ベースで見ると、やはり正職員でいる方が多くもらえることが多いです。

 

ただ、派遣ナースは時給制かつ残業代がきっちり支払われるため、月給べースで比較すると正職員よりも割高な傾向ではあります。

hana
hana
時給の高い職場で派遣ナースとして勤務するというのも一つの手ですね。

様々なデメリットを差し置いてもボーナスに魅力を感じるのであれば、正職員で働く方が良いと思います。

派遣ナースを煙たがる人もいる

これは職場のメンバーによります。

 

正職員やパートに比べて時給が割高に設定されている派遣スタッフ。

他にもすぐ辞めてしまうとか、時間ピッタリに帰るとかいった事情が重なり、派遣スタッフへの当たりが強い人がいるのも確かです。

 

そんなの知ったこっちゃない話なんですけどね。

中にはそういう人もいると心に刻んでおきましょう。

即戦力として求められやすい

派遣ナースは即戦力として求められやすいです。

 

例えば新卒で技術が全然無いナースが、急性期病棟の派遣として採用してもらえるかというと正直厳しい。

これは場所によるので、興味のある場所が見つかったら担当さんに様子を聞いてみましょう。

 

大抵の転職サイト・派遣サイトははじめに看護技術の習得状況をヒアリングしてくれます。

あなたの状況に合った場所を提案してくれるので、お任せすれば間違いありません。

同じ職場で働けるのは最大3年まで

仮に働きやすい職場が見つかったとしても、派遣期間は最大3年と決められています。

 

気に入った場所でずっと(3年以上)働きたい場合は、派遣期間後に正職員になる前提で働ける紹介予定派遣で働きましょう。

ローン等を組みにくくなる可能性がある

不動産などのローン。

大きなお金をまとまって手に入れたいときに、派遣の立場だと審査で不利になることがあります。

大きなローンを組む予定がある場合、前もって金融機関に相談など下調べをしておくべきでしょう。

余談ですが、特に派遣をしたい方には覚えておいてほしい事があります。

というのも、当初伝えた勤務希望を勤務先は悪気なく忘れてしまっている場合が結構あるんですね。

 

シフトが出た時点で訂正するか、派遣会社に伝えて変えてもらうことはできますが、始めにしっかり伝えておくようにしましょう。

派遣ナース9個のメリット

彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
派遣ナースの現実が少し見えてきました!

hana
hana
ここからは派遣ナースのメリットを書いていくわね。

好きなペースで働ける

まずはこれ。好きなペースで働けます。

とは言っても週2〜3の勤務だとどの派遣会社でも求人募集は減ってくるのが現実。

 

私は社会保険に入りたいので週4勤務を選んでいます。

hana
hana
週5と週4って結構違いますよ。

1日休みが増えるだけでかなり余裕が生まれます。

余談…社会保険について

以下の条件を満たすと、社会保険に加入できます。

  • 雇用契約期間が2ヶ月を超える
  • 所定労働日数が正社員のおおむね4分の3以上である

社会保険への加入は派遣会社の義務です。

働く前に担当さんにしっかり確認しましょう。

残業やサービス残業ゼロ

派遣ナースだと、残業が無い場所を選んで働くことができるのです。

残業が当たり前の病棟時代を経て、残業無しの職場って想像つかなかったんですけど…ありました。笑

 

病棟系は残業が多く、介護施設系は時間ピッタリに上がれる傾向があります。

とは言っても場所によるので、勤務前の面接時や求人サイトの担当さんにしっかり確認しましょう。

今まで残業になったのは、以前の職場で申し送りが盛り上がった15分間だけ。

その時もしっかり残業代は申請するように施設側から言われました。

 

正職員だとあるあるなサービス残業も、派遣の場合はしっかりとることができます。

職場の雰囲気的に取りづらい場合、派遣会社から勤務先に伝えてくれるので安心です。

 

残業しても良い方にとっては、しっかり稼げるというメリットになりますね。

hana
hana
病棟ナース時代、いつも頑張ってるからちゃんと残業代つけなね!と言われて本当にしっかりつけたらキレられた過去を持つ私的に、残業代が正々堂々ととれる派遣の立場はおいしいのです。

有給をきちんと消化できる

正職員だと新卒でも最初から有給をくれますよね。

とはいえ現実問題、正職員だからといって自由に有給消化できない場所も結構あります。

彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
派遣の場合、有給はどうなるのでしょう?

hana
hana
派遣ナースも下の条件を満たせば有給がもらえるのよ。

  • 雇用形態に関わらず6ヶ月在籍
  • その間の出勤率が8割以上

であれば、所定労働日数に応じた年休を付与すべしと法律で決められています。

 

半年以下の短期派遣でも、同じ派遣会社を継続して使用していれば有給がもらえます。

有給は法律で決められているので「有給制度はない」と言われる派遣会社に出会ったら悪質な会社である可能性が高いです。

別の派遣会社を使うか、労働局に連絡して状況を伝えるのが良いでしょう。

hana
hana
私は10日間の有給で新婚旅行に行く予定です。のんびり過ごしま〜す。

交渉次第で時給アップ

同じ勤務先を続ける場合、更新(数ヶ月に一度)のタイミングで時給を交渉すると上がりやすくなります。

hana
hana
私も更新時、派遣会社の担当さんに時給を上げてほしいと伝えたら100円アップしました。

一緒に働く派遣ナースの先輩は、なんと私より300円も高かったんです。

担当さんによっては、更新時に前もって時給アップ交渉をしてくれることもあるとか。

 

たった100円と思う方もいるかもしれませんが、とても大きいですよ。

たとえば。

1日8時間で週4勤務(月16日勤務)の場合。

8時間✕16日✕100円=12,800円

 

月収が12,800円増えるって大きいですよね。

彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
正職員で働いていたら、なかなかここまで昇給できません!

hana
hana
もちろん上限なく時給アップしてくれるわけではないけれど、交渉する価値はあるわよね。

面倒な人間関係に巻き込まれない

派遣ナース嫌いな職場だと話は違いますが、基本的に人間関係は楽です。

業務以外で関わる必要がないし、良い意味で外の人な感じで扱われやすいです。

彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
人間関係の良し悪しで仕事のしやすさも全然違ってきますよね。

業務外の仕事はしなくていい 

これによって、かなり精神的な負担が減ります。

 

正職員だと委員会や係活動、当番なんかを任されますよね。

看護師の仕事に加えて細々した業務をするのって疲れます。

残業や休日出勤もザラでしょう。

 

派遣の場合、基本的に委員会・係・当番などの仕事を任されることはありません。

仮に業務外のミーティングや係活動への参加を強制される場合、派遣会社に状況を報告すれば適切な対応をしてくれます。

 

念のため、働く前に確認しておくと安心ですね。

hana
hana
暇なときに雑用を頼まれることはあっても、業務外の係に関わらなくて良いのは精神的にものすごい楽です。

残業代・休憩がしっかり取れる

そもそも論、正職員も取るべきだろと思いますが…派遣ナースの場合は基本的に休憩・残業代をしっかり取ることができます。

彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
私の職場は少し早めに休憩を上がる…とか残業代はきっちりつけない…みたいな暗黙の了解があります。

hana
hana
私も昔そんな場所で働いてたんだけど、そういう雰囲気は大嫌い。笑 取るべきものが取れるのは大きなメリットだと思います。

短期間で契約更新できるので気が楽

仮にイマイチと感じる場所だったとしても、派遣だと更新のタイミングでサラっと退職できます。

正職員だと年度途中で退職するのは大変ですよね。

 

3ヶ月スパンでの更新が多いので、数ヶ月でここから離れられると思えば精神的にもかなり楽です。

保育園を5日間で辞めた話も是非読んでみて下さい。

hana
hana
この時は派遣会社がサラッと対応してくれて大助かりでした。

派遣会社に守られている安心感がある

正職員は守られてるから良いよ〜

派遣ナースをしていると、正職員の知人に時々言われます。

個人的にははい?って感じですね。

 

社会的な立場で言うと正職員の方が良いのかもしれませんが、休憩・残業代・業務内容の面で見ると派遣ナースのほうが明らかに守られています。

 

いざという時(あまりにもあり働きづらいとか、休憩・残業代を取れないとか、勤務日数が多いとか)も、派遣会社に伝えると対応してくれる安心感があります。

派遣看護師の給与明細ってどんな感じ??

hana
hana
続いて、一番気になるであろう派遣看護師のお給料事情です。

彩乃@5年目ナース
彩乃@5年目ナース
待ってました!!

派遣ナースは時給制なので、本当にそのままです。

労働条件は以下の通り。

  • 週4回
  • 時給1,900円
  • 1日8時間

以前働いていた所の明細がこちらです。

基本給304,000
控除合計47,205

控除の内訳

健康保険
厚生年金
所得税
雇用保険

 

13,580
25,620
7,050
955

支給額256,795 

これに交通費がプラスされ、ボーナスは出ません。

住民税は自分で納めています。

 

同じ週4でも、曜日の具合で月あたりの勤務日数は結構違ってきます。

この月は20日勤務しました。

 

ちなみに、時給1,900円は派遣の職場としては安い方だと思います。

 

私が怠惰なだけで、2,000円以上の求人も多く紹介してもらいました。

時給が高くなってくるとそれなりに忙しさも出てくるので、あなたに合う場所を探してみてくださいね。

hana
hana
どうですか?実際の数字を見るとイメージが変わるかもしれませんね。

まとめ

以上、派遣ナースのメリット・デメリットを個人的な視点でまとめました。

私としてはこの働き方がとても自分に合っています。

 

私は複数のサイトに登録して職探しをしてきましたが、そのうちの一つがMCナースネット(メディカルコンシェルジュ)です。

自分に合った求人情報を時々送ってくれるので、今の場所が辛くなった時のお守りとして登録しておけば損しません

hana
hana
ストレスや疲れで限界が来ないうちに登録しておくべきです。参考にしてくださいね。

MC─ナースネット 公式HP