新人看護師

【看護師の勉強方法】超実践的!今すぐサラサラ勉強できる秘訣15選

【看護師の勉強方法】超実践的!今すぐサラサラ勉強できる秘訣15選

 

新人看護師のみなさん、おつかれさまです。

入職して早数ヶ月、どんな毎日を過ごしていますか?

 

夜勤や早番・遅番が始まっている方もいますよね。

hana
hana
多忙な毎日、勉強をコツコツ続けるのって大変ですよね。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
ヘトヘトな業務後にするとなると、なおさら…。

看護以外の分野も勉強する中で、少しコツをつかんだ私。

昔に比べるとかなり勉強できるようになりました。

結論から言うと「勉強は心構えも大切」です。

 

この記事では、看護師が勉強をするための5つの心構え具体的な10の方法を書いていきます。

hana
hana
かなり長いので、目次も参考にしてください。

【看護師の勉強方法】超実践的!今すぐサラサラ勉強できる秘訣15選

繰り返しになりますが、勉強は気持ちの準備がかなり大切です。

hana
hana
逆に言うと、ここさえ整えば結構あっさりと勉強できるようになります。

騙されたと思って、是非取り入れてみてください。

心構え1☆勉強するからやる気が出る。逆は無い

やる気を出してから勉強に取り掛かるのではなく、始めるからやる気が出るんです。

特に、腰が重くなりがちな勉強についてはこれが本当にあてはまります。

 

部屋の片づけや家事など、始めるとだんだん調子が出てくることはありませんか?

hana
hana
行動することで脳の側坐核という部分が活性化し、どんどん行動できるようになると言われています。

なので大変残念なお知らせになりますが、やる気が出るのを待っていても意味はありません。

心構え2☆脱・完璧主義!ハードルを下げてみましょう

完璧主義をやめ、行動のハードルを下げるのも大切です。

「毎日3時間勉強する」とか意気込まないようにしましょう。

ハードルを上げすぎると長続きしません。

hana
hana
過去の私は、完璧主義で逆に勉強に身が入らないというタチの悪さを持っていました。

たとえば3時間勉強する!と決意します。

しかしちょっとした用事を済ませている間に、3時間の勉強が面倒になってしまう…。

 

結果、3時間できないから今日はやらない!みたいな極端な選択肢をとってしまうことが多々あったのです。

hana
hana
3時間という目標を達成できなかったから今日はもうダメ!!みたいな話です。

似たような経験のある方、いませんか?

これはもう、ゼロかイチかな思考を一旦脇に置くしかありません。

そもそも、勉強って何でしょう?

 

私は、何時間も机に向かって参考書とにらめっこすることだけが勉強ではないと思います。

というか自分で勝手にそう定義づけています。

hana
hana
帰宅中、電車の中で分からない略語を調べた1分間だって立派な勉強時間です。

ただでさえ疲弊した日々の中で勉強するのですから、ハードルはグッと下げることをオススメします。

心構え3☆焦らない・辞めない

焦らない・諦めないことも重要です。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
根性論は苦手です。

hana
hana
そういう話じゃないから大丈夫。

勉強は、地味な作業の連続ですよね。

昨日勉強したことが今日絶対に活かせる訳でもない。

手応えの無さをもどかしく感じるかもしれません。

 

成長した実感が無いのに勉強をする状況って、正直辛いし焦りますよね。

 

しかしそこで勉強を辞めないで下さい。

ペースダウンしたとしても辞めないで下さい。

hana
hana
ちなみに私は「継続」という言葉にプレッシャーを感じるので、あえて「辞めない」ことを意識しています。

心構え4☆自己啓発的なものに浸りすぎない

自己啓発的なものに浸りすぎないことも重要です。

これは看護師以外の勉強もする中で感じました。

hana
hana
勉強方法を調べる・本を買う・自己啓発的なブログや動画を見る…とかだけで自分がレベルアップした気になっている人が本当に多いんですよ。

当たり前ですが、本を買うだけ・ブログを読むだけでは何も変わりません。

 

やる気スイッチを持つのは大切だと思います。

しかし、実際あなた自身がどれだけ行動しているかを忘れないでおきましょう。

心構え5☆苦手なことから逃げない

苦手なことから逃げないようにしましょう。

hana
hana
れは自戒の念を込めて…。

少し難しい部分があると、すぐ面倒になって辞めてしまうもはもったいないです。

 

hana
hana
気持ちの準備が出来たら、お次は具体的な勉強方法を見ていきます。

勉強法1★部署でよく見る疾患・オペ・検査を学ぶ

まずは当たり前ですが、部署でよく見る疾患・オペ・検査を学びましょう。

hana
hana
私が新人時代に配属されたのは、主に消化器系の患者さんなら何でも来いな病棟でした。

周術期・再発転移・終末期…様々なステージの方が入院します。

最初はものすごく混乱していました。

周術期管理をする傍らケモに入り、お看取りをする…という感じです。

もしそんな環境にもう一度戻るのなら、まずは部署で良くみる疾患・オペ・検査を理解します。

勉強法2★抵抗なく読める資料を活用する

最初のうちは、あなた自身が抵抗なく読める資料を活用することも大切です。

正直、新人ナースのみなさんは医療現場ど素人です。

なので難解な用語や図が並ぶ医学書ではなく、読みやすいものから入っていくと楽しく勉強できます。

hana
hana
せっかく芽生えた勉強する気持ちが難しすぎる本に潰されてしまうなんて残念すぎます。

患者さん向けの資料を読んでみるのも結構オススメですよ。

私も新人時代に先輩に勧められて読んでいました。

分かりやすくて頭が整理されます。

 

そして、ネット検索してみるのも個人的にはいいと思います。

突如頭に浮かんだ疑問、本が無い時もありますよね。

 

  • 最終的には信頼できる資料から情報を得ること
  • ネット上には信ぴょう性に欠ける情報も多く転がっている

この大前提は忘れずに、活用してみると良いですよ。

難解な医学書に挫折して何もやらないより数倍マシです。

勉強法3★で、何で入院したの?〜まずは大枠を理解〜

ある患者さんについて勉強しよう!と思ったら、まずは大枠(全体像)を把握するのが大切です。

 

私は、複雑な経過を持つ患者さんの病歴を理解するのが本当に苦手でした。

hana
hana
長い経過の枝葉の部分(しかも入院目的とは無関係)を調べたり、ケモの略語表記ばかり調べて入院目的が分からない…みたいな見当違いなこともしょっちゅうしていました。

混乱しすぎ・情報収集が下手すぎて「…で、何で入院したの?」という質問に答えられなかったこともあります。

 

しかし実習・新人指導をしてきた中で、このシンプルな問いに答えられない人って実は結構いたのです。

なのでまずは落ち着いて「そもそも何でこの人は入院したの?」とシンプルに考えてみてください。

 

  • 「山田さんは胸水貯留による呼吸困難感で入院した」
  • 「ケモ中の鈴木さんは好中球低下で入院した」

など、幹を明確にしてから枝や葉っぱを実らせるのです。

勉強法4★興味を持ったこと・困った経験から調べてみる

興味を持ったこと・困った経験から調べてみるのも良いですよ。

hana
hana
「イレウスを勉強しよう」と思ったとき、専門書や教科書を1ページめから読み込む…なんて私にはできませんでした。

例えば…家電を買って説明書をイチから読み込む人って、なかなかいないと思います。

使いながら分からない部分を調べて覚えていくのが現実的な流れですよね。

新しいことを始める時、この考え方は大切だと思うのです。

その日の業務で興味を持ったこと・悩んだことを調べてみましょう。

 

最初は「イレウスチューブ挿入中に口渇感をチェックするのは何でだろう??」とか些細なことで良いです。

hana
hana
経験から出た具体的な疑問を解決すれば、どんどん実践的な知識が身につきます。

勉強法5★自宅以外の場所で勉強する

自宅以外の場所で勉強することも検討してみましょう。

 

疲れた状態で帰宅すると、ソファーに座った途端に睡魔が襲ってきませんか?

そもそも自宅は誘惑が多いです。

 

hana
hana
私は家に仕事を持ち込みたくないタイプなので、勉強はほぼ外でしていました。

可能な限り勤務日に、働いた勢いで勉強していました。

病棟に少し残って勉強するのもテです。

カフェや図書館に寄って勉強するのも良いですね。

 

自宅が完全に憩いの場になるので、休み下手なあなたにもおすすめの方法です。

勉強法6★スキマ時間を大切にする

スキマ時間、本当に大切にした方が良いです。

hana
hana
私自身、短時間の集中を繰り返す方が濃い時間を過ごせるという実感があります。

 

「1時間ないと勉強はできない」という考えは今すぐ捨てましょう。

 

5分じゃ何もできないなぁ…って本気で思っている方、いますか?

5分あったら色々できますよ。

では試しに、今から5分で「正直意味の分からない略語」の意味を3個調べてみてください。

 

CART?

CAG?

LVG?

FOLFOX?

hana
hana
どうでしょうか?

きちんと調べたあなたは、5分勉強したことになります。

雑すぎると思われるかもしれませんが、これぐらいハードルを落とすと結構続くのです。

 

先程書いたように「やる気は勉強するから出る」ので、5分間勉強すると大抵は5分以上できます。

hana
hana
重い腰を上げるまでが一番大変です。

とにかく乗り越えやすいハードルを設置しましょう。

勉強法7★ノートにまとめるより説明してみる

ノートにまとめるよりも、誰かに説明してみましょう。

誰かに説明することで理解は深まります。

ささっとカンペを作ったり、頭の中を整理するために書く程度ならいいでしょう。

hana
hana
ノートにまとめる方法は、効率がものすごい悪いと感じます。

新人時代、同期と説明のし合いっこをしていました。

hana
hana
同期同士で集まると愚痴のオンパレードになるかもしれませんが、そのうちの5分でも説明のし合いをしてみるのはどうでしょう?

本や資料を見ながら、具体的な狭い範囲のテーマでするのがオススメ。

同期がいないのであれば壁や人形に向かって自問自答する、とかでも良いじゃないですか。

プライドは捨てましょう。

これ実際やってみると分かるのですが、書いてまとめるだけと言葉にするのって全然違うんですよ。

書かなくて良いなら楽…ではなく、結構頭を使うので大変です。

 

ただ書いているだけって、意外と頭を使っていないと私は思います。

ノートにきれいにまとめると、自分のやったことが視覚化されるため達成感はあるかもしれませんが。

hana
hana
説明、ぜひ一度やってみてください。

勉強法8★疑問ノートを作る

ノートを作るなら疑問ノートの方が役に立ちます。

 

疑問が浮かんだ瞬間に、できるだけ具体的にメモしておくのです。

hana
hana
業務に忙殺されると何が分からなかったか忘れがちなので、具体的にです。

まぁこれは、情報収集用紙の片隅に書くとかでもいいと思います。

勉強法9★質問しやすい人を探しておく

質問しやすい人を探しておくことも大事です。

hana
hana
頼り切りはダメてすが、先輩も人間です。頑張って勉強している後輩は応援したくなるものです。

勉強法10★アプリを活用する

アプリを活用してみるのもいいですよ。

ナースフルのアプリを見つけました。

可愛い色合いで使いやすそうです。

こんな便利なものがあるんですね。

 

ざっくりした内容なのかな?

略語辞典やお薬辞典もあるみたいです。

 

ちょっとした時間に見るのに重宝しそう。

★★参考★★新人ナースさんにおすすめの本!

私が病棟ナース時代、そして今も看護学生さんへの指導で活用している本を紹介します。

「良い本ないかな〜」と思うあなたの参考になると思います。

hana
hana
色々見ても混乱するだけなので、すでにお気に入りの書籍があるなら買う必要はありません。

通称「病みえ」、病気がみえるシリーズは鉄板中の鉄板でしょうか。

学生時代から使っていた方も多いはず。

hana
hana
見慣れない疾患を持つ患者さんの大枠を知るのにぴったりです。

症状から治療法まで幅広く掲載されており、図や写真も見やすいです。

全部で11分野に渡って作られています。

あなたの部署に関連する分野は持っておくといいでしょう。

 

根拠を持って看護技術を実践するために必要な情報をすべて詰め込んだ1冊です。

最近はポップなイラストが入った看護系書籍も多いですが、こちらは真面目なテイストで解説されています。

ですが写真も多いため、視覚的に分かりやすい。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
この前の勤務で初めて見たリザーバーマスクと筋注…もっと詳しく勉強したいな。

といったあなたには絶対おすすめしたい1冊。

【まとめ】勉強が苦手だった私から新人ナースのあなたへ

看護師の勉強方法を書きました。

hana
hana
長くなったので要点をまとめます。

勉強する前に必要な5つの心構え

・勉強するからやる気が出る。逆は無い
・脱・完璧主義!ハードルを下げる
・焦らない・辞めない
・自己啓発的なものに浸りすぎない
・苦手なことから逃げない

超実践的!新人ナース必読の勉強法10選

・部署でよく見る疾患・オペ・検査を学ぶ
・抵抗なく読める資料を活用する・ググる
・で、何で入院したの?〜まずは大枠を理解〜
・興味を持ったことを調べてみる
・自宅以外の場所で勉強する
・スキマ時間を大切にする
・ノートにまとめるより説明してみる
・疑問ノートを作る
・質問しやすい人を探しておく
・アプリを活用する

 

hana
hana
最後に、かつての私の話をします。

  • 完璧主義だが諦めも早い
    0か100か!という考えに陥った結果、もう何も勉強しない!みたいな極端な選択をしてしまうことが多かったです。
  • 好きなことは寝る間を惜しんで勉強できる
    没頭しすぎるあまり、体調を崩すこともありました。
  • 大枠と詳細を捉えるのが下手
    申し送りするにも頭の中がグチャグチャでよく怒られていました。

 

こんな私でも、勉強方法を工夫することで変わることができました。

 

まだ知識も経験も少ない新人ナースのあなた。

出来ないことだらけで落ち込むかもしれませんが、今は仕方ありません。

経験は時間や様々な状況を経て培われていくものです。

 

一方、意図的に増やせるのが知識

経験と絡めて深まる知識もありますが、その前段階でも知識を増やすことは出来ます。

 

ただ、学校のテスト勉強のように教科書やレジュメを見つめていても実践的な知識は身につきません。

 

この記事を参考に、あなたに合った勉強方法を探してみてください。

hana
hana
今からできることばかりなので、スマホを閉じたら早速勉強してみましょう!

地味な積み重ねが、これからのあなたを助けてくれます。

 

自分の行動に根拠が持てるようになると仕事が楽しくなりますよ。

日々頑張るあなたを応援しています。