新人看護師

友人・同期への嫉妬をやめたい…嫉妬する自分に疲れたときに考えるべきこと

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
のびのび生きている友人を見ているとイライラする…。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
できる同期の存在がなんだか気にくわない…。

周りの人に対して感じるモヤモヤした気持ち。

嫉妬って自覚してしまうと辛いですよね。

 

本当は羨ましいだけなのに、それを素直に表現できない。

嫉妬の感情って扱いづらいです。

 

ですが本当は、あなたの本心に気づかせてくれる大切なアラート機能なんです。

hana
hana
どうしてあなたは嫉妬してしまうのか、嫉妬の気持ちと向き合う基本的な考え方について書いていきます。

 

嫉妬って実は怖い感情ではありません

嫉妬って嫌な感情ですよね。

 

不安とか悲しいとかだったら周りに話せるけれど、嫉妬している気持ちを打ち明けてスッキリしよう!なんて人はなかなかいないはず。

 

誰かに対するモヤモヤした気持ち。

あの人は○○だからダメ!とか、自分なりの正義を主張しているような場面も深堀りすると嫉妬が隠れていることが多々あります。

 

他の感情に比べて隠しがちな嫉妬。

自分が嫉妬していると分かっていても、嫉妬を認めたくない気持ちが強く出てきますよね。

 

この記事を読んでみようと思ったあなたも、嫉妬にネガティブなイメージを持っているのではないでしょうか。

hana
hana
私も仕事が辛かったとき、のびのび幸せそうに生きる友人に嫉妬したことがあります。

私ものんびりしたいという本心を認めるのが怖くて、心の中で「暇そうだし、なんの資格持ってなくてかわいそう〜プププ」と相手をマウンティングして気持ちを落ち着かせていました。

hana
hana
ちっちゃい人間です。笑

嫉妬は嫌なものでも怖いものでもありません。

 

その正体を知り、少しでも気持ちに余裕を持って過ごせるようになりましょう。

嫉妬している自分を認めるのが怖い理由

嫉妬している自分を認めるのって難しいですよね。

その理由は、「嫉妬は恥ずかしい」とか「嫉妬はダメ」みたいな認識があなたの中にあるからではないでしょうか。

 

嫉妬という恥ずかしくてダメな気持ちを持つ自分を受け入れられない。

周りの人にも嫉妬している自分を見せたくない。

 

その結果、嫉妬はあなた自身の本心を隠した別の形で表現されることが多くなります。

嫉妬にフタをしているもの

本心を隠し、表面的には別の形で表現されがちな嫉妬。

批判や恨み、度を超えるといじめやストーカーやDVなどに化けて表現されることが多いです。

 

まるで正論のように特定の誰かを批判する人っていますよね。

これは、本当は感じている嫉妬の感情を直視できずに、正論を主張して周囲の共感を得ようとしている場合もあるのです。

hana
hana
周りから嫉妬していると思われるのは恥ずかしいので、自分なりの正論を主張している状態です。

嫉妬を分解してみると見えてくるもの

多くの人が直視したくない、恥ずかしい感情と思われがちな嫉妬。

嫉妬を分解すると、表面的な気持ち本心に分解されます。

 

ここまで書いてきた通り、嫉妬は嫉妬しているという本心を巧みに隠して別の感情で表現されることが多いんですね。

hana
hana
本心と表現されていることがバラバラな状態です。

これが分かると、嫉妬の気持ちと付き合いやすくなります。

例を見てみましょう。

彼氏と順調な友達…さっさと振られれば良いのに

hana
hana
彼氏と順調な友達…さっさと振られれば良いのに…

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
こわっ。。。

hana
hana
これは実際に、恋愛がうまくいかずどん底だった時期、会う度にノロけてくる友人に私が感じた気持ちです。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
こわすぎますよ。

hana
hana
本当にすさんでいたの。

これと似た気持ちを感じたことがある方もいるのではないでしょうか?

hana
hana
心の中で挙手してくださいね。

このとき、表面的に表現されているのが「友人が振られれば良い」という強いネガティブな気持ちです。

 

ですが、実際の本心はこれではありません。

私の本心は自分も素敵な彼が欲しい、でした。

 

ここで素直に私も彼が欲しい!と表現できれば良かったものを、恥ずかしさやプライドから感じないようにしていたんですね。

hana
hana
自分の本心と表面に出る気持ちが違う嫉妬の仕組み、少し分かりましたか?

表面の気持ちに隠されたワナ

先ほどの例で言うと彼氏が欲しいだけなのに、幸せそうに過ごす友人を前に恨みが出てしまう。

 

友人への恨みという表面的な気持ちを自分の中で大きくしすぎると、本心がどんどん隠れて悪循環に陥ります。

hana
hana
本心とずれた行動に走ると、どんどん自分が望むものから離れていきます。

そりゃ幸せは感じづらいですよね。

嫉妬の本心を隠す表面的な気持ちは、強いネガティブな気持ちになりがち。

 

ネガティブで強い気持ちであるがゆえに、自分の中で大きくなりやすいのです。

 

表面的な気持ちに支配されると自分の本心が見えづらくなるということを忘れないようにしましょう。

嫉妬心をなくしたい…嫉妬を克服する方法

嫉妬深い自分が嫌で、それを克服したい…

 

ここまで読んできたあなたなら分かると思うのですが、嫉妬心をなくすためには表面的な感情にとらわれすぎないことがとても大切です。

 

嫉妬って、素直なあなたの本心を教えてくれる感情なんです。

ただ、それだけです。

 

表面に出るものは、ネガティブで強烈な感情になることが多いでしょう。

ですがあなたの本心はもっと奥、別の場所にあります。

 

相手への恨みや憎しみに支配されやすい嫉妬の感情。

 

表面的なものを取り払ってみましょう。

あなたが求めているものを知る手がかりになるはずです。

まとめ

いろんな人間関係がある中で感じがちな嫉妬について書いていきました。

簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 嫉妬は怖い感情ではない
  • 嫉妬はダメだという認識が本心を隠してしまっている
  • 表面的な気持ちではなく、本心に気づきましょう
  • 嫉妬はあなたの本心を教えてくれる感情

 

嫌〜な気持ちになりがちですが、あなたの本心に気づかせてくれる大切なアラート機能です。

怖がらずに向き合ってみましょう〜!