仕事が辛い

休みたいのに…疲れる休日を過ごしがちな新人看護師さんが今すぐできる工夫

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
4日勤を終えてやっと休み!でも休みの日も落ち着かないな…。

せっかくの休みなのに、かえって疲れちゃう。

最近、自分が何をしたいのか、何をすべきなのかよく分からなくなってきました。

インスタで楽しそうな友達の写真を見ると焦ります。

 

プライベートもぐちゃぐちゃ…という新人ナースさんへ

忙しい仕事を終え、やっと来た休日。

もっとリラックスして過ごしたいのに、休みの日まで仕事のことを考えてしまう…というとき。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
休日まで緊張してしまう新人看護師さんが上手にメリハリをつけるためにで、気分転換が大切なのは分かりました。

でも実際、気分転換したつもりが疲れてしまうんです。

気分転換の大切さは分かったけれど、実際どうしたら良いか分からない人も多いと思います。

 

結論から言うと、プライベートの中で不要なものを削っていくことが大切です。

hana
hana
この記事では、あなたが必要なものと不要なものを分けて穏やかに生きるコツを書いていきます

やりたいこと、できていますか?

あなたは今、やりたいことをできていますか?

やりたいことをしていくためには、不要なものを減らしていく過程が欠かせません。  

 

部屋の片付けや断捨離が流行る今。

ものだけではなく、「何をするか」も整理していくとスッキリした毎日を過ごせるからです。

 

情報に溢れた今の時代、放っておいても色んな情報が入ってきます。

 

例えばなんとなく見るSNS。

楽しそうな写真がたくさん並ぶ友人のアカウントを見て「私も充実した毎日を過ごさなきゃ」とか「話題の本を読まなきゃ」とか、周りから受ける情報に影響されて疲れている人が多い気がします。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
私もです。泣

中には、あなたにとって価値のないものもたくさんあります。

 

なんとなく眺めたSNSからどんどん影響を受けてしまうのですから、意識してその流れを変えていきましょう。

 

必要なものを吟味していかないと、簡単に情報に押し潰されてしまいます。

 

特に、やりたい!よりやらなきゃ!と強く感じる場合、ひと呼吸おいて頭の中を整理すべきです。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
必要なものと不要なもの、どうやって整理していけば良いんですか?

hana
hana
あなたが良いプライベートを過ごすために、不要なものを減らすにはどうしたら良いのか

これから一緒に見ていきましょう。

あなたにとって不要なものを減らすために

hana
hana
では、あなたにとって不要なものを減らす方法を見ていきます。

〜しなきゃ…から〜したい!へ

せっかくの休みも、やることがたくさんあってリラックスできない。

あなたにとって不要なものを減らしたい。

 

「〜するべき!」「〜しなきゃ!」で選ぶのを辞めて『〜したい!』と感じられるものを生活に残してみましょう。

 

今よりずっと生きやすくなるはずです。

hana
hana
〜しなきゃ…という気持ちに支配されて過ごす休日。

私はもう考えただけで憂鬱になります。

あなたはどうですか?

いちばん最近の休日でやったことを振り返ってみましょう。

「〜しなきゃ!」とノルマや義務感を感じていませんか?

あなたの気持ちをヒントに判断する方法

「〜するべき」と『〜したい!』で判断するのが難しいときは、あなたの気持ちをヒントにするのも良い方法です。

 

あることに上手く取り組めなかったとき。

 

落ち込んだり自分を責めたりとダメな自分に注目してしまうのなら、「〜しなきゃ!」にとらわれているでしょう。

 

一方、できなくて残念と感じたり、何とかできるように考えたり、することに気持ちが向くのならそれはあなたが純粋にやりたいと感じていることでしょう。

 

どうですか?

 

ツイッター、インスタ、おすすめされた本、映画、ジム、ヨガ、大勢が集まる飲み会…

 

やらなきゃ!できていない私はダメだ…

こんな気持ちを感じるものはありますか?

hana
hana
あ、言うまでもないことですが、生きていく上で必要なものは嫌でもやっていきましょうね。

自分のタイプを把握する

あなたのペースにあったプライベートを過ごすためには、あなた自身をよく知ることが大切です。

 

その中でも知っておくと良いのが、一度に多くのことをこなせるタイプひとつのことに集中するタイプか、ということ。

 

仕事もバリバリ、趣味も多くて何足ものわらじを履いているような人、いますよね。

hana
hana
ちなみに、私はひとつのことに集中して取り組みたいタイプです。複数のことを同時進行するのはストレスを感じます。

一度に多くのことをできている人を見ると焦る方もいるでしょう。

 

ですが最近、マルチタスク型(一度に複数のことをこなせるタイプ)は効率が悪いとも言われています。

 

実際は、同時に複数のことをこなしている訳ではないからです。

脳は一度にひとつのことしかできないので、短いスパンで切り替えができるというだけの話だそう。

切り替えるたびにエネルギーを使うので、ひとつのことに集中し続けるほうが結果的に生産性が高まるんですね。

 

マルチタスクと一点集中、どちらが良い悪いと言いたいわけではありません。

 

あなたはどちらの傾向があるかを知ることが大切です。

 

複数のことを器用にこなしたいのにできない…と思うのなら、それがあなたの現実。

hana
hana
比べて落ち込む話ではありません。

自分のタイプをヒントに、物事への向き合い方を工夫してみましょう。

まとめ

あなたが必要なものと不要なものを分けて穏やかに生きるコツを書きました。

hana
hana
最後に、記事の内容をまとめます。

  • あなたが穏やかに生きるためには、プライベートの中で不要なものを削っていくことが大切
  • 不要なものの判断方法
    1. 「〜するべき!」「〜しなきゃ!」で選ばず『〜したい!』と感じるものを残す
    2. あなたの気持ちをヒントにする
  • マルチタスク型か一点集中型か自分のタイプを把握し、物事への向き合い方を工夫する

 

hana
hana
不要なものを削ることで、ぐっと生活しやすくなりますよ。

あなたの気持ちを大切に、考えてみてくださいね。