仕事が辛い

看護師を辞めたら幸せ?心身ともに限界なあなたに伝えたい大切な話

看護師を辞めたら幸せ?心身ともに限界なあなたに伝えたい大切な話

これまでの看護師経験をもとに、皆様が安心して読める記事を書いています。

 

  • 寿退社したい
  • 転職したいけど勇気がない
  • 夜勤が辛くてもう無理…
  • 最低3年は働いてみろって言われたけど無理
  • 定時で上がれてオシャレできる職場に行きたい
  • 友達は看護師として着々とキャリアを積んでいるのに、こんな風に思う私ってダメだな…
  • もう全体的に無理
  • 限界
  • いつまでこの仕事してれば良いんだろう…

 

hana
hana
すべて、新人〜数年目まで私が感じていた気持ちです。

当時は二言目には「辞めたい。」

看護って素晴らしい!と話すスタッフを横目に「綺麗事言いやがって…」と鼻で笑っていた時期もあります。

あなたも同じような気持ちを感じていませんか?

この記事では心身ともに限界を感じる看護師のあなたに、退職すると幸せになれるのかを書いていきます。

 

結論から言うと、心身ともにボロボロになってしまうような環境ならばさっさと辞めた方が良いです。

 

しかし、退職にはリスクもあります。

hana
hana
その辺の現実もまじえて書くので、仕事が辛くて仕方ないあなたは是非読んでくださいね。

【本音】看護師を辞めたら幸せ?退職後に感じた正直な気持ち

総合病院を退職した私。

正直離れることに寂しさもありました。

 

それでも、退職して良かったと感じています。

 

なぜなら気持ちの整理がついたから。

自分の視野の狭さも実感できました。

hana
hana
あのまま仕事を続けていても、絶対この気持ちにはなりませんでした。

もう少し、私が退職後に感じた正直な気持ちを紹介していきます。

無理して看護を好きにならなくて良い

働くのが辛いあなたに伝えたいのが、無理して看護を好きになろうとしなくて良いんじゃない?ということです。

 

というのも私自身、必死に演習・実習・レポート・国家試験を乗り越えてとったこの資格。

看護師という仕事を愛でなければ!みたいな義務感にも似た気持ちがあったのです。

しかしまぁ、総合病院を出て地域で働いてみて、その杞憂は何だったんだというぐらい色んな看護師と出会いました。

良い意味で吹っ切れたのです。

体と心の健康を保てて、可能な限り楽しい気持ちで働ける職場を見つけよう、と思うようになりました。

hana
hana
あれだけ気にしていたキャリアや周りと比較してしまう気持ちや世間の反応は、本当にちっぽけな次元の話になりました。

あなたが納得しているのなら

有名な病院や花形部署じゃなくても、

看護技術を磨けない場所でも、

事務的な対応だけしているような場所でも、

看護師から離れて全く違う道に進んでみても、

良いじゃないですか。

思っている以上にヘトヘトだった

退職後にゆっくり生活することで、これまでいかに身も心も仕事に捧げてきたかをものすごい感じました。

hana
hana
思っている以上にヘトヘトだったんです。

日勤だと10時間以上、夜勤だと約20時間は職場にいるのが当たり前だった日々。

 

ナースコールの嵐の中走り回り、

患者や家族の精神的な揺れ動きに直に触れ続けて、

人の死が日常で、

いつも何かに追われていて。

 

次の仕事のために休む休日。

走り続ける前提で与えられている休み。

hana
hana
そりゃ疲れたよね…と、やっと自分が頑張っていたことを認めることができました。

心も体もとっくにボロボロだったのに、私は自分のキャパシティーを過信していました。

病棟で夜勤もバリバリこなす看護師こそ最高の姿だ!!なんていう理想論を自分に振りかざしていました。

本当はヘトヘトだったのに。

辞めてからやっと気づいたんです。

hana
hana
無理しすぎると、自分を見失います。

看護師としての働き方はたくさんある

総合病院を退職して感じたのは、病棟ナースが全てではないということ。

hana
hana
単発アルバイトで色んな世界を見る中で、自分の井の中の蛙っぷりに衝撃を受けたんですね。

正直、病棟勤務が一番密度の濃い時間を過ごせたのは間違いありません。

しかしだからと言って、病棟ナースが一番偉い・一番すごいとは全く思いません。

 

看護師の働き方ってたくさんあるんですよ。

新卒の場合、総合病院に行って経験を積むのがよくある流れですよね。

大多数のナースがその道を辿るので、そこから外れることに抵抗を感じる方もいるでしょう。

 

ですが、看護師の働き方は総合病院の常勤だけではありません。

 

看護師の資格があれば、他の職種に比べてかなりわがままな働き方ができます。

せっかく持っている看護師の資格、もっと賢く使うべきです。 

いずれにせよリスクは潜む〜退職する場合〜

hana
hana
辞めて幸せを感じる私ですが、退職にもリスクはあります。ここでは退職するリスクをみていきましょう。

  • 定期的にもらえていたお給料が急になくなる
  • 世代によっては、失業保険や退職金が出ない
  • 新しい場所でキャリアや人間関係を1から積み上げていくのは大変
  • こわい上司に退職の希望を出すのは勇気がいる
  • 税金を自分で払うのが地味に大変
  • 完全に技術を取得していない状態での退職は、ハンデを背負っている状態といえる

 

hana
hana
どうでしょう?

これらのリスクを背負っても、あなたは今の職場を辞めたいですか?

一概に、退職したから幸せになれるわけではありません。

退職=相応のリスクを背負うこと、とも言えるのです。

いずれにせよリスクは潜む〜退職しない場合〜

じゃあ退職しなければ良いの?というと、それもまた違います。

本当は辞めたくて仕方ない職場にい続けることで発生するリスク。

 

それは機会損失です。

hana
hana
機会損失とは、あなたが自分にとって最善の意思決定をしなかった結果、色んな意味での利益を得る機会を逃して発生する損失を指します。

愚痴や文句ばかり言い続け、自分の方向性を考えることを後回しにしているこの瞬間。

巡ってきたであろうチャンスを片っ端から逃している可能性があるのです。

 

夢中になれる趣味に出会えたかもしれないし、仕事を楽しいと思えるきっかけをつかめたかもしれない。

看護とは全く関係のない仕事に出会えたかもしれない。

hana
hana
行動するなら早い方が良いに越したことはないんですよね。

私は7年目で退職してやっと気づきました。

Sponsored Links



【結論】看護師を辞めたら幸せになれる?→心身ともに限界なら、離れるべき

ここまで、退職のリスク・残るリスクどちらも見ていきました。

結論として私が言いたいのが、心身ともにボロボロになってしまうような環境ならばさっさと辞めた方が良いということです。

 

というのも、あなたが前向きに頑張れない職場で我慢を重ねたところで、得られるものはたいしてありません。

大切な大切なあなたの人生を無駄にするだけです。

 

苦労して取った看護師の資格。

理不尽な環境で耐え忍ぶために勉強してきたわけじゃありませんよね?

hana
hana
今あなたが感じている辛さ。そこで耐え忍んだ先には何がありますか?

なので、理不尽な環境はさっさと辞めるべきです。

大切な大切なあなたの人生を無駄にするだけですから。

【エピソード】同期の看護師と私の話

hana
hana
ここからは私と元同期の退職をめぐる話を紹介します。

いじめで辞めたあと、転職して幸せそうに働く同期

新人時代を一緒に過ごした同期は、先輩から目をつけられて数ヶ月で退職してしまいました。

hana
hana
プリセプターも一緒になって、その子を攻撃していました。

私自身も新人だったので、どんどん追い込まれていく同期の話を聞くことしかできませんでした。

 

結局、ストレスで顔面神経麻痺になってしまった同期。

それでもなんとか出勤する様子を見て、「もうここから離れた方が良いよ」と声をかけました。

そして療養型の病院に転職し「世界が変わった!」と楽しそうに働いていました。

 

「あなた、看護師向いてないよ」

先輩から目の前で言われてショックを受けていた同期。

向いていないのはあの職場でした。

 

この記事を読みながら「自分は看護師に向いていない…」と感じている方もいるでしょう。

向いていないのは看護師ではなく、その職場なのかもしれません。

hana
hana
この状況をなんとか変えたいと感じているのなら、今が変わりどきです。

ずっと退職する勇気が出なかった私

私が新人時代に配属されたのは、今考えるとイジメの温床でした。

当時は仕事を覚えて1日を終えることでいっぱいいっぱいだったので気づかなかったんですけどね。

 

師長に変わって権力を握る2人の先輩。

その先輩同士はとても仲が悪かったんですけど、ターゲットが見つかると手を組んで攻撃する…なかなか複雑な環境でした。

 

師長は自分のキャリアに傷をつけたくないのか、見て見ぬフリ。

hana
hana
あぁ、いま私の陰口言ってるよ…と先輩のヒソヒソ話に傷つくこともありました。

その病棟で学んだのは病態や技術というより人間関係の乗り切り方。 

私の弱さにも原因はありますが、頑張って取ったナースの資格をドブに捨てたような時間を過ごしていました。

 

若いうちの苦労はどんどんした方が良い…という言葉もありますが、私は不要な苦労なら絶対にしなくて良いと感じます。

hana
hana
起きてしまったことにポジティブな解釈を与えれば、辛い時期も美化されるでしょう。

ですが、中にはしなくて良い苦労もあります。

今の職場が辛くて仕方ないのなら、辞めれば良いと思います。

辞めたいと愚痴を言い続け、その場に留まる…気持ちと行動がチグハグって苦しいですよね。

否定ばかりに労力を使うのって時間の無駄です。

 

小心者の私の場合、愚痴りつつ結局辞められなかったのは勇気がなかったからです。

「この状況で辞めるとみんなに迷惑がかかっちゃう…。まぁ仕方ない…残ってやるか!」

とか、偉そうにもっともらしい理由をつけていましたね。

 

目の前に広がる不満だらけの環境は嫌。

一方で、そこから抜け出すために今までと違う選択をするのも怖い。

 

今までと違う選択の結果は、予想がつかなくて怖かったのです。

 

「不満から抜け出せる可能性がある」という不確かな可能性よりも、「まぁ嫌だけど良い面もあるか」というこれまでと同じ日々=確実さを選び続けていた方が安心できたんです。

 

「この仕事はもう辞めよう!」

そう決めると、行動に移す必要性が出てきますよね。

この、行動する状況に立つのがこわかった。

hana
hana
辞めるのって、実際こわいんですよ。私はドキドキしました。

そして、辞めたら残るスタッフに申し訳ない…と感じる気持ちも痛いほど分かります。

私もそう考えてきたタイプ。

 

しかし正直な話、あなたが辞めたって職場は普通にまわっていきます。

だから、大丈夫です。

 

冷静に考えてみてください。

「看護師◯◯さんが退職したので当院は潰れます」なんて話聞いたことあります?

 

仮に……「周りの人に迷惑をかけないように…」と残ったとして、辛い気持ちが解消されないあなたの人生を病院が守ってくれるわけではありませんよ。

hana
hana
周りを考えすぎるあまり、あなた自身の気持ちを無視しないようにしてくださいね。

Sponsored Links



【あなたへ】今の職場を辞めたい理由は何ですか?

hana
hana
お次はあなたの番です。

  • 何で辞めたいのか
  • 何が嫌なのか
  • 何が変われば満足なのか

きちんと考えたことはありますか?

 

辞めたいという言葉で片付けないで、自分の気持ちを整理してみませんか?

周りの声や世間体は一旦脇によけて、冷静に考えてみましょう。

 

私自身、周りの声や世間体を気にしてばかりでした。

忙しい毎日に追われ、自分は何が好きで何が嫌いでどう生きたいのか分からなくなっていました。

 

なので、退職を機に初めて自分の人生の舵を握った気がしています。

そして、当時では想像もつかないぐらいのんびり幸せな毎日を送っています。

心身共にもう限界…看護師として新たなスタートを切りたいなら

  • 心身共にもう限界…。
  • 今の職場から離れてスッキリしたい。
  • 新たな環境で一から私らしく働きたい。

 

そんな気持ちがどんどん大きくなっていくあなた。

hana
hana
もし今すぐにその場所を離れたいのであれば、あなたの状況を冷静に分析してくれる人を探しましょう。

友人やご家族も親身にはなってくれるはずですが、新しい職場を探したいとなると話は別です。

あなたを大切に思うあまり、適切なアドバイスをできないかもしれません。

 

そこで私が勧めたいのが、転職サイト。

転職サイトを賢く使うために大切なのが、依存しすぎないことです。

hana
hana
親身になってくれるサイトもある一方、会社の利益だけを追求して適当な対応をしてくる転職サイトもありますから注意が必要です。

Sponsored Links




最後までお読みいただきありがとうございました。

ここまで読む根気があるあなたなら、きっと大丈夫です。

 

心が壊れて何もできなくなる前に、行動に移していきましょう。