緩和ケア

緩和ケア病棟の看護師に興味がある!という方に向けて概要をまとめてみた

緩和ケア病棟が気になる!

緩和ケア病棟で働いてみたい!

 

一般病棟を経て、緩和ケア病棟(PCU、Palliative Care Unit)で働いた私。

緩和ケア病棟とはどんな場所か、概要を書いていきます。

この記事に書いてあること

  • 緩和ケアって何?
  • 緩和ケア、ターミナルケア、ホスピスの違い
  • 緩和ケア病棟の特徴

 

緩和ケアって何?

 

まず、緩和ケアとは何でしょう。

 

hana
hana
2002年にWHOがこう定めています。

緩和ケアは、生命を脅かす疾患による問題に直面する患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的、心理的、社会的な問題、さらにスピリチュアル(宗教的、哲学的なこころや精神、霊魂、魂)な問題を早期に発見し、的確な評価と処置を行うことによって、 苦痛を予防したり和らげることで、QOL(人生の質、生活の質)を改善する行為である。

hana
hana
一文がやたら長いというのは置いといて。

続いて、こう示されています。

緩和ケアとは

  • 痛みやその他の苦痛な症状を和らげる
  • 生命を尊重し、死を自然の過程と認める
  • 死を早めたり、引き延ばすことを意図しない
  • 患者ケアにおける心理的側面とスピリチュアルな側面を統合する
  • 患者が最期まで人生をいきいきと、できるだけ活動的に生きることを支える
  • 家族に対し患者の闘病中や死別後の生活に適応できるように支える
  • チームアプローチを用いて患者と家族のニーズに対処する
  • 必要であれば死別後のカウンセリングを行う
  • QOLを高めて、病気の過程に良い影響を与える
  • 化学療法や放射線療法などの他の延命を意図する治療と併存しながら、疾病の初期から適用可能である
  • さらに、必要ならそれらの治療に伴う副作用の緩和を行う

 

よくある誤解なのですが、緩和ケアは終末期のみに行われるものではありません。

 

進行度に関係なくできるだけ早期の段階から、標準的ケアと並んで行われるべきだという考えが広がっています。

 

そのため、治癒が見込める状態の患者さんもケアの対象になります。

 

ここで、2010年にハーバード大などのグループが出した興味深い研究(※)があります。

 

この研究では早期から緩和ケアを受けると生存期間が長くなる可能性が示されました。

(当初の研究目的は早期から定期的に緩和ケア診療を受ける効果を調査するものである。)

転移性非小細胞性肺がん患者を「標準的ケア+ 緩和ケア(早期から定期的に)」と「標準的ケアのみ(緩和ケアは必要時コンサル)」にランダム に割りつけた。

実際に早期から定期的に緩和ケアを受けた群の方がQOL良好・抑うつが少ないという結果になった。

それに加えて、早期から定期的に緩和ケアを受けた患者群は終末期に抗がん治療などを受けている割合が少なかったにもかかわらず、生存期間の中央値が統計学的に有意に長かった

hana
hana
あくまでひとつの研究結果が示した可能性です。

しかし、緩和ケアという言葉にネガティブなイメージを持ってしまう患者さん・家族にとって前向きになれる結果だと思いませんか?

※:Temel, JS. et al. Early Palliative Care for Patients with Metastatic Non-Small-Cell Lung Cancer. New England Journal of Medicine. 2010, 363 (8), P.741

緩和ケア、ターミナルケア、ホスピスの違いは?

終末期医療への考え方が多様化する中で、緩和ケア・ターミナルケア・ホスピスの言葉の境目が曖昧になっている方も多いと思います。

hana
hana
ここでは、3つの言葉の違いを説明します。

緩和ケアとは?

緩和ケアとは、がんに伴う身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

 

日本ではがんを中心に発展してきました。

というのも、日本の医療制度ではがん・エイズ以外の疾患には緩和ケア関係の診療報酬が加算されないという事情があります。

 

しかし現在では、がん・エイズに限らず、あらゆる疾患に緩和ケアを広げていこうという考えが活発に出てきています。

hana
hana
私が勤めていた病院では、がん以外の患者さんにも緩和ケアチームが介入していました。

先ほど書いたとおり、緩和ケアは終末期のみに行われるものではありません。

 

できるだけ早期の段階から、標準的ケアと並んで行われるべきだという考えが広がっています。

ホスピスとは?

ホスピスと聞くと、緩和ケア病棟的な療養場所をイメージする方が多いと思います。

 

本来ホスピスとは「全人的に患者をケアするという考え方」そのものを指します。

hana
hana
現在は、ターミナルケア(終末期ケア)・プログラムや実施場所・施設を含む広い意味で使用されることが多いです。

ターミナルケアとは

ターミナルは日本語で終末期を指します。

 

終末期のケア、つまり治癒が望めない時期から終末期までを支えるケアになります。

hana
hana
一般的には余命6ヶ月が基準となる、という話もありますが患者さんの状況によってターミナルケアが開始される時期は様々です。

治癒・治療ではなく、QOLの向上を目的にしています。

対象患者はがん以外も含まれます。

 

つまり、ターミナルケアは緩和ケアの一部とも言えます。

 

  • 緩和ケア……標準治療と並行され苦痛を緩和してQOLを向上していくケア
  • ターミナルケア……治療よりも残された時間をQOL高く過ごせるようにサポートするケア
hana
hana
定義付けようとすると、重なり合う部分が多い言葉たちなんです。

緩和ケア病棟の特徴は?

緩和ケア病棟は主にがんによる心身の苦痛緩和のための治療とケアを行う病棟です。

 

在宅で過ごす患者さんの家族の肉体的・精神的疲労を軽減することを目的とした短期(レスパイト)入院なども多く、入院形態は多様化しています。

hana
hana
2018年現在、緩和ケア病棟として登録されている施設は全国に約400施設、病床数は約8200床あります。

緩和ケア病棟の特徴をいくつか見ていきましょう。

他職種と連携している

緩和ケア病棟の大きな特徴の一つが、他職種で連携しチームとしてケアしていくことです。

  • 腫瘍内科医
  • 薬剤師
  • リエゾンナース
  • 退院支援ナース
  • ソーシャルワーカー
  • チャプレン(宗教家)
  • 栄養士
  • ボランティア
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 音楽療法士
  • アロマセラピスト

など、たくさんの職種が連携して患者・家族をケアしていきます。

イベントやレクリエーションが豊富

施設によって患者・家族がより快適に過ごせるような工夫がなされています。

季節ごとのイベントやレクリエーションが豊富なのも、一般病棟には無い特徴の一つでしょう。

hana
hana
音楽療法士が思い出の曲を演奏してくれたり、セラピストがマッサージをしてくれたり、一般病棟では見られない癒しの光景が広がっています。

在宅への移行支援も意外と多い

一般病棟では、(科にもよりますが)大抵の患者さんが自宅退院を目指し治療していると思います。

 

近年、看取りの場としての役割が大きかった緩和ケア病棟にも、在宅緩和ケアへの移行をサポートする役割が求められるようになってきました。

在宅緩和ケアに関する制度が見直され、往診に対応できる診療所が増加してきたからです。

 

症状コントロール目的に短期間入院し、症状が落ち着いたら自宅退院するケースも増えてきています。

hana
hana
実際に働く中で感じてきたこと、他にも書いています。緩和ケア病棟に興味がある方は参考にしてください。