看護学生

勉強についていけない!看護学生さんが効率よくテストを乗り切る4つの秘訣

看護学生の皆さん。

いつも実習や演習おつかれ様です。

課題、演習、実習、そしてテスト…なんとか乗り切って頑張っていると思います。

 

そして看護学校での勉強についていけない…良い勉強法が知りたい!と悩む方、いませんか?

今日はそんなあなたのために、看護学生さんがテストを乗り切る4つの秘訣をまとめました。

 

頭の良くない私ですが、下記の勉強法を実践し手前味噌ながら効率よく勉強していました。

あ、最初にお伝えしておきますが、私には全ての科目で満点を狙うような勉強熱心さはありません。

 

100点満点を目指す方には「何これ?」と感じる内容です。

「すべて落第はしない」ことを目標にしたい方に読んで頂きたいです^^

実は私も…勉強方法が分かりませんでした

私は看護師9年目になりますが、自分のキャパと課題量のバランスがダントツで苦しかったのは看護学生時代だと思っています。

もちろん新人ナースも別の大変さがありますけど、数年前まで高校生だった人たちがあの環境で過ごすってなかなかハードですよ。

 

ましてや、私は勉強する習慣が皆無でした。

いわゆる詰め込み型で大学受験を乗り切ったタイプです。

 

コンスタントに課題や実習がある看護学部の大変さに、入学してからやっと気付きました。

関連記事>>>もう学校辞めたい…と悩む看護学生さんが今すぐ笑顔になれる6つの良い話

要領の良さを身につけましょう

看護大学を卒業してだいぶ経ちますが、「今の状態で授業を聞けたら楽しいだろうな〜」とよく思います。

 

そう思うのはある程度経験を積んで来たからこそ。

臨床に出てから繋がる知識ってたくさんありますよ。

学生のときは意味不明だったナイチンゲールの言葉も、今読むと共感できることが多いですもん。

 

つまりそれなりに実践的な目線の授業を受けているのです、看護学生さんは。

初めて知りましたか?

そりゃナースとして働いたことのない皆さんが大変な思いをするのも、無理はないと思います。

なので、学生のうちに全部吸収しよう!と思うとパンクします。

 

少なくとも勉強に慣れていない私はそうでした。

となると、身につける必要があるのはある程度割り切った勉強の仕方。

そう、要領の良さです。

 

ではここから具体的に、効率的に勉強できる方法を書いていきます。

コツは全部で7個。

ぜひ参考にしてくださいね*

効率よくテストを乗り切る4つの秘訣

まとめノート・暗記カード作りをやめる

私、ノートにまとめるの大好き人間でした。

なので、まとめたい気持ちは良く分かります。

自分のやったことが視覚化されるため、達成感があるんですよね。

ただ、書いているだけって意外と頭を使っていません。

つまりノートにまとめるのって効率が悪いです。

暗記カード、単語帳系のものも同様。

 

何よりも、ここでは効率の良さを重視しています。

まとめることに時間をかけてしまう方は、勇気を出して一度やめてみましょう!

 

では代わりにどうすれば良いのか?

書いていきますね^^

授業前後にレジュメを3分だけ見る

分厚いファイルにどんどん溜まっていくレジュメ(講義資料)。

このレジュメ、授業前後に3分だけで良いのでざっと見てみてください。

 

授業前に前回の資料を3分、授業後に今回の資料を3分見るんです。

めんどくさっ!!と思う方もいるでしょうか?

はい、正直めんどくさいです。笑

しかし、効果抜群

 

放課後に腰を据えて「よし!勉強!」なんてできなかった私。

アルバイトもしていたし、友達と喋りたかったし。

それなら授業前後の(一応)勉強モードになっている時間帯に復習をねじ込めば良いんだ!とやってみたのが始まりです。

友達と話しながら片手間でも良いので、騙されたと思ってやってみてください^^

過去問をフル活用する

看護学校の教員に近い立場で働いた経験があるのですが、正直おさえてほしいポイントは毎年そんなに変わらないんですね。

つまり、過去問がとても大切。

できるだけ過去問を入手して勉強するようにしましょう。

 

特につまらなくて難しい、医師が担当しているような科目は過去問で乗り切るのがベスト。

アウトプットを心がける

記憶はインプットとアウトプットが揃って初めて定着するというのをご存知ですか?

授業を受けてインプットしただけでは、圧倒的にアウトプットが不足している状態です。

 

アウトプットするための具体的な方法は誰かに説明することやその知識を使って問題を解いてみるということが挙げられます。

 

誰かに説明って何?と思いますよね。

これはお友達と一緒にすると良いですよ。

「◯◯ってなんだっけ?全然意味分からなかった〜…」と聞いて、一緒に調べる流れを作るのです。

もしお友達が興味を示さなかったら自問自答しましょう。笑

 

これも実際やってみると分かるのですが、言葉にするのって頭を使うんですよ。

ぜひ一度やってみてください。

おまけ…睡眠を有効活用するレミニセンス効果

勉強法をまとめていたら、こんなものを発見しました。

レミニセンス効果って聞いたことありますか?

私は初耳でした。

人間の集中力は30分が限界という前提のもと、睡眠を勉強を効率よく組み合わせる勉強方法だそうです。

具体的には…

  1. 寝る前30分に集中して勉強し、すぐに寝る(だらだらスマホをみたりしないのが大切)
  2. これを毎日繰り返す。
  3. 数日後に確認問題などで記憶できているかを確かめる。

という方法。こちらのHPから引用しています。

 

私は多分無理ですが(笑)、根気よくできそうな方は参考にしてみてください^^

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました^^

元々勉強が苦手だった私も無事卒業し看護師になれました!

あなたに合った勉強法でテストをパスしていきましょう^^

 

息抜きしつつ、頑張りましょうね。

応援しています^^

関連記事>>>今すぐできる!看護実習でナース・教員が思わず応援したくなる学生の5つの共通点