仕事が辛い

看護師が辛い・向いてないと感じるとき…あなたがすべきことはコレ!

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
はぁ…。毎日仕事が辛い。

幸せな人生なんて諦めるしかないのかな。

寿退職したいよ〜…。グチグチ言わないで頑張らないとダメなのかな。泣

看護師の仕事が辛い皆さん。

 

明日は仕事だ…とベッドに入るも、朝起きるのも、通勤の道も、ナース服へ着替えている最中も、カルテを読む最中も、休憩中も、午後のカンファも、夜勤への申し送りも…

 

とにかく憂鬱!!という毎日を過ごしていませんか?

 

緊張感でお腹が痛くなったり、残業が終わらなかったり、怖い先輩にビクビクしたり、出来る同期を見て落ち込んだり、理不尽なお説教にイライラしたり…こんな環境から抜け出せる方法はあるの?なんて思っていませんか?

hana
hana
同じように勉強・実習・国家試験を経て働き始める私たちナース。

楽しく幸せに働けるナースと、そうではないナースがいるのって何でだと思いますか?

前者になるためには、あなたの目指したい方向を明確にして少し勇気を出す必要があります。

周りの反応が気になったり、自信がない中で勇気を出すのは簡単なことではありません。

が、少し勇気を出すだけで幸せはグンと近づきます。

 

というのも、私自身が身をもって実感しているんですね。

自分がどうしたいかを考え勇気を出して行動した結果、そこからどんどん人生が変わっていきました。

何だか怪しい響きになっていますが。笑

 

穏やかな気持ちで働き、大好きな夫と平和な毎日を送れるようになった今。

勇気を出して行動したことが全ての始まりだと思っています。

 

私の場合、行動し始めたのは6年目。

はい、ずいぶんと遅咲きです。

 

あなたが向いていないのは、看護師ではなく目の前の環境なのかもしれません。

自分に合っている場所なら、多少の負荷がかかっても頑張れると思うんですよね。

hana
hana

最後にあなた自身を守れるのは国でも家族でも恋人でも先輩でも友達でもない、あなた自身です。

辛い状況から抜け出すためにできること、一緒に考えていきましょう!

 

看護師の仕事が辛い理由

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
あ〜仕事が辛い…。つらいつらいつらいつらい〜!

hana
hana
落ち着いて。笑

具体的に何が辛いの?

あなたにとって辛いのは看護師のどんな部分ですか?

 

漠然と辛い…という気持ちも痛いほどよく分かります。

が、せっかくこの記事にたどり着いてくれたのです。

辛いと感じる理由を考えてみませんか?

 

これから書いていく中で、深く頷けるのはどれでしょうか?

不規則なシフト勤務で体調・生活のリズムを崩しやすい

看護師をしていると言うと必ず聞かれること。

「夜勤大変でしょ!?」

はい、大変ですよね。

 

現在夜勤を離れた私としては、もう二度とやりたくありません。笑 

 

正直な話、看護師のお給料は夜勤手当があってナンボな部分があります。

夜勤専従なんてすると結構良いお給料がもらえますし。

お金の面を考えるととても魅力的な夜勤。

 

ただ、やはり夜勤って体調を崩しがち。

特に肌荒れ生理不順は、ナースが陥る体調不良のトップにランクインすると思います。

hana
hana
夜勤明けにジャンキーなものをドカ食いすることもありました。笑

中にはずっと夜勤専従でも元気!というツワモノもいますけどね。

それに加え、病棟勤務だと遅番もあります。

新人時代は寝るタイミングが掴めず苦戦したこのシフト勤務

夜勤が本当に辛いのであれば、日中勤務のみの職場を検討するのも良いですね。

 

私自身、夜勤がとても苦手でした。

また、夜勤ができないとダメナースかも!と思い込み無理して頑張っていた時期もありました。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
若手は夜勤して当たり前!な雰囲気も超ありますよ〜…。

なんて話もよく聞きますが、夜勤ができないのはダメナースなんてことは無いですから。

一切ありません。

あなたの体調を崩してまでするものではありません。

女性が多いという独特の人間関係がある

女性の割合が圧倒的に多い看護師の世界。

中には性格が合わない人も出てきます。

性格が合わないだけならまだしも、理不尽な言動を向けてくる人がいるとストレスが溜まりますよね。

 

指導と理不尽さを履き違えている人がいるのも事実。

新人は耐えるべしという風潮があるのは否めませんが、不必要な我慢もあります。

冷静に見極めましょう。

関連記事>>>先輩看護師が怖い…ネガティブモードの新人さんが絶対読むべき記事はコレ

勉強が終わらない

病態・薬剤・検査・技術について日々勉強が必要な看護師。

エンドレスで勉強を重ねていく世界。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
緊張しながら働くから、勤務後に勉強する気がなかなか起こりません…

hana
hana
完璧に勉強を終わらせることを目指すと精神的に追い詰められちゃうよ。出来る部分から、少しずつでも取り組んでみて。

ハードルを下げた勉強の方法は超実践的!新人看護師が今すぐサラサラ勉強できてしまう15の方法で紹介しています。

教科書通りいかないことが多い

新人時代、これも私のやる気を奪いました。

勉強したことがそのまま仕事に繋がるわけではない、ということ。

 

患者さん1人をとっても年齢や既往など複雑な要素が絡み合っています。

教科書でひとつ勉強したからといって、仕事がいきなり出来るようになる訳ではありません。

複数の患者さんと関わる訳ですから、なおさら複雑さは増します。

 

複雑な病態の患者さんを看るときは、細かい枝葉ではなく幹となる部分から理解すると良いです。

繰り返しになりますが、これに関しても超実践的!新人看護師が今すぐサラサラ勉強できてしまう15の方法を是非参考にしてください。

責任の重さ

特に重症度が高めだったり急変が多い部署では、緊張感がすごいですよね。

決められた時間にバイタルチェックをし、たくさんの処置に追われている間に急変…なんてザラです。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
インシデント起こしちゃったらどうしようってドキドキしてます。

責任の重さがプレッシャーとなり、緊張が強すぎて頭が真っ白になってしまう新人さんもいるはず。

過重労働

特に病棟勤務は、ケアやナースコールの嵐の中で肉体労働は当たり前ですね。

朝カルテを読み込んで準備万端にラウンドを始めても、どんどん予定外のことが増えていきます。

そして定時上がりなんて夢のまた夢。

残業は当たり前です。

 

また、看護師は資格があるのであっさり退職できる分、残された方は辛いですよね。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
去年もたくさん退職したって先輩がいってたなぁ…。

するとマンパワーが不足した中で新人を迎え入れなければならず、イライラした先輩が完成します。

過重労働を強いられた中で新人指導が始まる、という負のループが慢性的なものになっている職場も多いです。

同期と自分を比べてしまう

苦楽を共にする同期。

同じ時期に入り同じステップを踏んで働いていたはずなのに、いつの間にか自分のステップアップが遅れている…なんてこともありますよね。

人によってペースは違うんだから仕方ないよと言われても、実際に自分が遅いことに気付くと落ち込みますよね。

 

看護師に限った話ではないと思いますが、人によって仕事に合う合わないがあるのはやはり仕方ないです。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
実は私も遅れぎみです。泣

同期に負けないように頑張らないと…!!

hana
hana
同期に勝ちたい!というライバル意識を原動力に頑張れるのなら良いけれど、一番大切なのはあなたに任されている仕事を確実に全うすることだからね

あなたにしか無い良さを伸ばしつつ、確実に仕事をしていきましょう。

看護師にイチオシのストレス発散・気分転換方法

疲れているときはひたすら寝るに限ります。

一方で、気分転換して自分のご機嫌をとってあげるのも本当に大切です。

 

きっと、今の環境が辛いということで頭がいっぱいになっている人もいますよね?

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
はいっ!!!

hana
hana
気分の切り替えを上手に行なえるスキルは、仕事だけでなく私生活でも必ず役に立つよ。

ここでは私が実際にしていた気分転換方法を紹介します。

気分転換法の選び方

合う合わないはあると思いますが、一人で気軽に始められるものはハードルが低くて良いですね。

ヨガやジムなど、通う系のものだと平日日中は安くできる場所もあります。

シフト勤務のメリットと言えるかも。

恋愛に繋がる出会いが欲しいという視点で選ぶのも楽しいですね。

hana
hana
プライベートで浸れる場所が見つかると、仕事の悩みが小さく思えてきますよ。

ただ、本当に疲れ切っているのならまず寝ることを優先して下さい。

気分転換しなきゃ!と頑張って無理矢理考えてしまううちは休んだ方が良いかも。

簡単な運動をする

気分転換の中でも、特に良いのが運動。

簡単なものでもOKです。

運動は心の健康状態を良くする効果があるという論文も出ているくらい、精神的安定と繋がりが深いんです。

 

hana
hana
運動するとセロトニン・エンドルフィンという快楽物質が増えるので前向きな気持ちや多幸感を感じやすいんです。

一方、コルチゾール・アドレナリンというストレスホルモンが減少するんですよ。

アメリカのバーモント大学では「わずか20分の運動であっても、その後12時間幸せを感じられる」と言う研究が発表されています。

さらに、

  • ランニングや筋トレといった「The 運動」でなくとも、日常的に歩き回る習慣がある人は幸福を感じやすい
  • 気分が落ち込んでいる時に運動する方が、より精神面への良い影響に期待できる

ということが言われています。

 

つまり、落ち込んでいるナースにとって運動はとても良いものなんです。

仕事で動き回ってるじゃん!というツッコミもありそうですが、あの肉体労働を気分転換と割り切るのは無理がありますからね。笑

 

さらに!全部取り入れる必要はありませんが

  • ウォーキングなどの有酸素運動と軽い筋トレ
  • 室内よりも外で
  • 音楽を聞きながら

行うとより精神面に良い効果が期待できるようです。

 

hana
hana
そういえば私も、勤務後に無心で歩いていたらものすごい頭がスッキリした記憶があります。

ヨガやジムに通った時期もありますが、長くは続きませんでした。笑

会費だけ取られるほどもったいないことはありません。(経験済み)

あなたに合うものを見つけてみてくださいね。

全く関係ない分野の勉強に挑戦する

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
べ、勉強…?

hana
hana
これが意外と良いのよ。

自分に分かりやすいメリットがもたらされることを勉強するのも、良い気分転換になります。

私の場合は株の勉強が本当に面白くて、休みの日は仕事のことを忘れて没頭していました。

勉強したことで得たメリットはもちろんお金。分かりやすいでしょ?笑 

ワインや日本酒、アロマの勉強をしている友達もいましたね。

旅行・日帰り旅行をする

同期や他部署の友人と、休みを合わせて旅行するのも良いです。

平日だと安く行けますし。

私はアクティブな旅行が苦手なので、美味しいお店めぐりをしてひたすら寝る旅をよくしてました。

一緒に旅をするのは活動レベルが同じ人に限ります。笑 

hana
hana

泊まりがけはハードルが高い!という方におすすめなのが日帰り旅行

自分で近場に行くのも良いですし、バスツアーも内容盛りだくさんで楽しいですよ〜!

お芝居・ライブを観に行く

ミュージカルや歌舞伎も行っていました。

これはですね、俳優さんを生で見てみたい!というミーハーな動機でも良いので、ぜひ一度行ってほしいです。

非日常的な空間にワープできるので、本当に気持ちが切り替わりますから。

hana
hana
個人的には、観劇の前に大まかなあらすじを把握しておくことをオススメします。

歌やダンスに集中できます。宝塚もいつか見てみた〜い!

ライブも大好き。

あまり馴染みのないグループでも、ライブならではの臨場感ですごく楽しめます。

昔行った安室ちゃんのライブは神がかっていました。

友達と食事に行く

これは定番でしょうか^^

気心知れた人との食事はやっぱり楽しいですよね。

愚痴の言い合いで終わることもありますが、定期的なガス抜きって大切です。

時には愚痴祭りじゃなくて、お友達を誘って色んな気分転換をしてみるのも良いですね。

マッサージでスッキリする

夜勤明けに安いマッサージ屋さんに行くことにハマった時期もあります。

外国の方がやってくれるようなお店。

しつこい勧誘もなくて良いですよ。

hana
hana
ちなみに、安いお店は店内があまり綺麗じゃないです。

可愛い内装にキュンキュンしたいタイプの人には向いていません。

足がむくみやすいタイプだったので、足中心にお願いすることが多かったです。

むくみを解消できると疲れの溜まり具合が違います。

 

エステも通っていましたが、正直効果を実感できなかったので辞めました。

性格的に「すご〜い!顔が小さくなってる!」とかお世辞を言ってしまうタイプで…それにも疲れた。笑

半身浴でのんびり過ごす

自宅で簡単にできる半身浴。

ぬるめの湯温でお水を持って入ります。

ジップロックにスマホを入れてひたすらyoutubeを見たり、本を読んだり。

hana
hana
パックをしながら入るのも好き。

汗をかくとすっきりしますよね。

余談ですが、ナショナルジオグラフィックに「汗をかいてデトックスは嘘」という話が出ていました。

汗と一緒に毒素も排出されるということに科学的根拠はないんですって!

どんなに大量の汗をかいても汚染物質は0.1ナノグラム以下しか含まれていない、そう。

 

ホットヨガやサウナなど、汗をかくことで爽快感を得られはします。

しかし汗を出すために体温上昇を我慢しすぎると、熱中症になってしまうケースもあるので要注意です。

かなり話が逸れましたが参考までに。

料理・お菓子作り

結婚した今もたいして料理上手ではありませんが、無心で野菜を切ったりお菓子を作るのも気分転換になりますよ。

一人暮らしだと自炊なんて面倒ですが。

簡単なものでも自分で作ると達成感を味わえます。

缶詰やクックドゥーなど、簡単に料理できるものも今は揃っています。

hana
hana
コンビニやファストフードを常に食べている人は、気が向いた時にでも自炊をしてみてはどうでしょうか?

健康を気遣えもするので一石二鳥です!

手芸

これは好き嫌いがはっきりしそうですね。

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
私は不器用だから無理〜!

私は細かい作業が好きなので、ビーズや刺繍のキットを手芸屋さんで買ってちょこちょこ作っていました。

夢中で何時間もできるし、可愛い作品ができると嬉しいですよ*

自分は看護師に向いていない…と嘆くあなたに伝えたいこと

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
私って看護師に向いていないのかも…

hana
hana
私も何度も思ったよ。でも向いてないのは今の職場じゃない?

仕事で失敗が続くいたりすると「自分は看護師に向いていないのではないか」と思いがちですよね。

病棟以外の場も経験してきた私が言いたいのは、向いていないのは看護師ではなくて今の職場じゃない?ということ。

 

看護師の仕事は病棟でバリバリ働くだけではありません。

緊張感の強い現場が好きな人もいますが、苦手な人もいます。

人それぞれ色んな性格や適性があるのだから、バリバリ働けない私はダメナース…と落ち込む必要は本当にありません。

 

ゆったりした現場で優しく患者さんに関わるのだって得意な人と苦手な人がいます。

ケアが好きな人もいれば大嫌いな人もいる。

 

ナースの資格があれば色んな場所で働ける可能性がある私たち。

ひとつの場所が合わないからって自分を否定する必要はありません。

今の職場になじめないからといって、看護師そのものを諦めないで下さいね。

精神的な負担を甘く見ないでください

辛い辛い言いながら理不尽な環境で耐え忍んだところで、得られるものって何でしょうか?

精神的なストレスって、下手するとあなたの人生そのものを台無しにしてしまいます。

 

例えば骨折や大ケガ。

包帯やギプスでグルグルと固定されるから、周りにも「この人はケガをしている」って伝わりやすいですよね。

 

一方、精神的な疲れって他人からは見えづらいんですよね。

更に厄介なのは、自分自身でも自覚しづらく我慢してしまうということ。

 

包帯で巻かれていれば無理しないように生活しようと思えますが、精神的なストレスを抱えていても別に生活・仕事はできてしまいますよね。

だから無理をしてしまいやすい。

 

本当は心がボロボロで治療が必要な状況なのに、頑張ってしまう。

hana
hana
本当は疲れ切っているのに無理をするとどうなるのか?

私のエピソードを紹介します。

無理しすぎて緊急入院した私の経験談

実は私、以前ストレス性の胃炎で少し入院したんですよ。

本当は仕事や家事で疲れていたのに、頑張らなきゃ!と自分にムチを打ち続けていました。

 

仕事や家事以外にも良いブログが書けるように頑張らなきゃ、と自分が休むことを許していなかったんです。

とっくに自分の限界を超えていたのに。

 

ある日突然お腹が痛くなり、水すら摂れなくなって緊急入院しました。

もっと早い段階で手を抜くことを意識していたら、こんなことにはならなかったな…と勉強になったと同時に、自分を大切にしていなかったことを深く反省しました。

 

職場や家族にも心配をかけたし、早い段階で自分を休ませてあげることの大切さを本当に実感しました。

 

hana
hana
久しぶりに雑誌を買い込んで可愛い洋服やコスメを見たりするのも楽しくて幸せでした。

本当はこうやってゆっくり過ごしたいんだなぁと自分の正直な気持ちに気付くことができましたよ。

最初は「まさか自分が…」という気持ちにもなりましたが、自分の疲れを無視して走り続けているといつか電池切れします。

 

だからもしあなたが精神的に疲れていたら、倒れる前に休んでほしいです。

絶対他人事にしちゃダメです。

 

精神的に疲れてない?と周りにいる優しい人が心配してくれたとしても、最後あなた自身が自分を休ませることを意識しなければ意味がないんです。

まだまだ頑張れる!と踏ん張り始めた段階で、一度自分をいたわってあげてください。

 

私自身、今回の入院で「今後どう手を抜いていくか」をたくさん考えましたよ。

hana
hana
早速かなり家事を手抜きしていますが、夫は全然気にしていません。笑

自分で勝手に厳しい基準を設けていたんだなぁと感じました。

最後、あなたを守れるのはあなた自身です。

本当に無理しすぎないでくださいね。

自分を削って働くのはもう辞めた!心穏やかに働く今

病棟ナースに固執していた私が派遣になって感じた衝撃をぶっちゃけてみたでも触れていますが、いろんな所で働ける看護師。

自分を削らない働き方ができる場所を、それぞれの人が見つけていって欲しいと心の底から思います。

 

私自身、身をもってそれを実感しています。

6年目にして気付くという遅咲きでしたが、残業や休日出勤、面倒な人間関係とは無縁の場所で働き、優しい夫とのんびり暮らす今が幸せです。

病棟には病棟の楽しさがあるし、正直刺激が足りないと感じる瞬間もあります。

しかし今、優先したいのは自分の健康。

 

あなたが自分を削って働いて得られるものと失うもの。

両方天秤にかけて考えてみてくださいね。

選択肢はたくさんあります

hana
hana
気分転換をしても仕事が辛い、そもそも気分転換する気になれないのなら、今後どうしていくか真剣に考える時かもしれません。

選択肢は3つ。

  • 今の場所に残る
  • 部署異動する
  • 転職する

 

3つの選択肢について、それぞれ見ていきます。

 

ちなみに私は、若手は転職しちゃダメ!とか全く思いません。

関連記事>>>「とりあえず3年は働くべき」に苦しむ新人ナースさんへ贈る3つの処方箋

今の部署に残る

今の部署が辛いからといって、すぐに異動や退職(転職)しなければいけない訳ではありません。

退職や転職にはリスクもありますから。

関連記事>>>もう無理、辞めたい!という看護師さんへ…退職=幸せだと思ってる?1年目だけど退職したい…新人看護師さんが辞める時に考えるべき3つのこと

 

辛い中でも頑張ってみようという気持ちがあるのなら、その場所に残る価値は十分あります。

ただ、残るのならばストレスを溜め込まないための工夫が必要です。

具体的には職場以外の場所に相談相手を見つけたり、気分転換を意識的にしてみる工夫。

 

そして相談相手の選び方ですが、状況が似ている同期や学年の近い先輩ばかりにしていると、冷静に状況を見てくれません。

看護師のパワハラ体験談!派遣先を5日で退職して見つけた3つの選択肢でも触れていますが、外部の機関や別の職場で働く人などに話してみましょう。

 

先輩から明らかに理不尽な対応をされている場合、残って頑張っても不要な我慢を強いられ続けるだけの可能性が極めて高いです。

不要な我慢はしなくて良いです。

覚えておいてくださいね。

部署異動する

今の部署に残るのが辛い方は、部署異動も検討してみましょう。

私も部署異動をしてかなり働きやすくなったうちの1人です。

hana
hana
同じ病院?というぐらいガラっと人間関係も変わるので、転職・退職する勇気が出ない場合は是非選択肢に入れてみてください。

同じ病院(施設)内なら大まかなシステムは似ているので、真新しい所に行くよりはストレス少なく働けるはず。

退職しなければお給料も支払われるので、金銭面でもかなり安心感があります。

退職・転職する

上記二つの選択肢を選びたくない場合。

もうこの場から一刻も早く立ち去りたい時は退職・転職を視野に入れましょう。

 

退職・転職では特に、何が嫌なのか望みなのか明確にする必要があります。

もし転職を決めたのであれば、在職時から新たな職場を見つけ始めるのがベター。

(もちろん、少し休みたい場合はもちろん休んでくださいね。)

自分はどうしたいか、どうすべきか分からない時に必要なこと

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
今の職場は辛いけど、自分がどうすべきか分かりません…。

hana
hana
あなたを客観的に見てくれる存在に相談してみましょう。

繰り返しになりますが、自分は何が嫌でどうしたいのかをしっかり考えるのは本当に大切です。

自分の考えをまとめられたら、自然と進みたい方向が見えてきます。

 

そのためには、あなたを客観的に見てくれる相談相手が必要です。

実は私、看護師4年目のタイミングで一度転職サイトに登録したんです。

結局転職はしませんでしたが、部署異動をするきっかけをくれたのがそこでお話を聞いてくれた担当の方でした。

 

希望の働き方やお給料を伝えて色々質問をされた結果「それなら今の病院で部署異動した方が良い」とアドバイスをくれたのです。

hana
hana
無理矢理転職する方向に持っていかれる訳じゃないのね!

と、安心したのを今でも覚えています。

職場の状況に悩んできた看護師を数多く見ている担当さんに、冷静かつ適切な意見をもらえて救われました。

 

ただ、ここで覚えておいてほしいのが会社選びについて

正直、担当さんによってかなり対応に差があります。

hana
hana
私も、大手転職サイトの担当さんにイラついたことがあります。

本当に、ひとつの転職サイトの中にも色んな担当さんがいます。

そして残念ながら、それは事前に分かるものではありません。

 

なので数打ちゃ当たるではないですが、複数の会社に登録すると相性の良い担当さんに出会える可能性がグッと高まります。

hana
hana
まずはプロに相談してみようという気持ちでね。あなた自身の思いや希望を話すうちに、どんどん気持ちがまとまってきますよ。

MC─ナースネット

ジョブデポ看護師

美容外科求人ガイド

無料で登録できます。

転職を無理強いされることはないので安心して下さいね。

まとめ

サキ@新人ナース
サキ@新人ナース
仕事が辛い=即退職!じゃなくて、その前にできることが色々あるんですね。

hana
hana
気分転換や相談で気持ちが軽くなることだってあるのよ。

ひとつずつで良いから、行動に移してみてね。

 

数々の理由で辛さを抱えがちな看護師の仕事。

まずは上手にストレス発散・気分転換できるように工夫してみてください^^

その上でどう働いていくかを考えていきましょう。

hana
hana
あなたが楽しく働ける場所に出会えますように!